穐吉敏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
穐吉 敏子
1955年}
1955年
基本情報
出生名 同じ
出生 1929年12月12日(85歳)
出身地 満洲遼陽
学歴 バークリー音楽院卒業
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト
作曲家
編曲家
ビッグバンドリーダー
担当楽器 ピアノ
活動期間 1952年 - 現在
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
共同作業者 ルー・タバキン

龝吉 敏子[1]あきよし としこToshiko Akiyoshi1929年12月12日[2] - )は、ニューヨーク在住の日本ジャズピアニスト作曲家編曲家ビッグバンドリーダー。

来歴[編集]

満洲 (現、中国東北部) 遼陽[2]に日本人の両親の元に生まれた。小学1年生のときに3年生が弾く『トルコ行進曲』に魅せられ、小学1年生でピアノを習い始める。後に女学校に通うためと、より良い教師にピアノを習うために大連に移り、大連音楽学校で中国人の楊孝毅にピアノを習う。敗戦後に大分県引き揚げ別府の駐留軍キャンプ「つるみダンスホール」でジャズピアニストとして演奏を開始。

1948年夏に上京して、1952年コージー・カルテットを結成。1953年に来日したオスカー・ピーターソンの勧めでレコード『トシコ』を録音。

1954年7月、伊勢佐木町のクラブ「モカンボ」で、守安祥太郎を中心に行われた伝説的なジャム・セッションに参加。その時の音源は、1970年代に発掘・発売される。

1956年、26歳で単身渡米して、日本人としては初めてバークリー音楽院(Berklee College of Music、現バークリー音楽大学)で奨学生として学ぶ。1962年、チャールズ・ミンガスのバンドに参加。1963年、最初の夫チャーリー・マリアーノとの間に娘のマンディ満ちるをもうける。1965年離婚。

1967年に現在の夫でありフルートテナーサックス奏者のルー・タバキンと出会い、1969年結婚。1973年にロサンゼルスで秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンドを結成し、1974年、ジャズと日本古来の和楽を融合した『孤軍』を発表する。1982年にはニューヨークへ戻り、1983年に秋吉敏子ジャズオーケストラ フィーチャリング ルー・タバキンを結成、自らの作編曲で通算30年にわたって活動を続け世界的に名声を馳せた。その評価と人気を示すものとしてアメリカのジャズ専門誌ダウンビートでは秋吉とルーのビッグバンドは批評家投票で1979年から5年連続、読者投票では1978年から5年連続で共に1位を獲得している。

1996年度に主にその著書『ジャズと生きる』で第9回ミュージック・ペンクラブ・ポピュラー部門最優秀賞を受賞。2003年12月29日、ニューヨークのジャズクラブバードランドでの演奏を最後にオーケストラを解散した。

2004年6月-7月にはNHK人間講座で講師を担当。2005年1月27日、米国を拠点にピアニスト、ビッグバンドリーダーとしてジャズ発展に寄与した功績が認められ、朝日新聞文化財団の朝日賞(04年度朝日賞)を受賞[3]。東京・日比谷の帝国ホテルで開かれた受賞祝賀パーティーでは、木更津甚句に想を得た「ザ・ヴィレッジ」、「ヒロシマ そして終焉(しゅうえん)から」の最終楽章「ホープ」、「鞠と殿さま」の3曲を、ソロで演奏した。2006年12月、キャリアにおいて初となるシングル「HOPE 希望」を発表。現在はソロなどで活動中。

ちなみに、夫婦揃って熱心なワインコレクターである。

テレビ出演[編集]

  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)2004.5.7、2004.5.14

受賞歴[編集]

  • リバティー賞(1986年)
  • エイボン アワーズ・トゥ・ウィメン エイボン芸術賞(1997年)
  • 紫綬褒章(1997年)
  • 第48回横浜市文化賞(1999年)
  • 大分合同新聞文化賞(1999年)
  • ジャズの殿堂(International Jazz Hall of Fame)入り(1999年)
  • 第16回東京都文化賞(2000年)
  • ラトガース大学ジャズ研究所・ニュージャージージャズ協会殿堂入り(2000年)
  • 平成16年度国際交流基金賞・国際交流奨励賞(2004年)
  • 2004年度朝日賞(2005年)
  • ジャズマスターズ賞(2006年)

他多数

音楽[編集]

1978年

穐吉敏子の楽曲一覧

アルバム[編集]

秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンド

秋吉敏子ジャズオーケストラ フィーチャリング ルー・タバキン

  • テン・ガロン・シャッフル - Ten Gallon Shuffle(1984年)
  • ウィッシング・ピース - Wishing Peace(1986年)
  • カーネギー・ホール・コンサート - Carnegie Hall Concert(1992年)
  • 砂漠の女 - Desert Lady / Fantasy(1993年)
  • フォー・シーズンズ - Four Seasons of Morita Village(1996年)
  • モノポリー・ゲーム - Monopoly Game(1998年)
  • トリビュート・トゥ・デューク・エリントン - Tribute to Duke Ellington(1999年)
  • ヒロシマ そして終焉から - Hiroshima Rising from the Abyss(2001年)
  • ベスト・オブ・秋吉敏子(2002年)
  • ラストライヴ・イン・ブルーノート東京 - Last Live in Blue Note Tokyo(2004年)

ソロ・トリオ等

  • アメイジング・トシコ・アキヨシ - Amazing Toshiko Akiyoshi(1953年)
  • ザ・トシコ・トリオ - The Toshiko Trio(1956年)
  • メニー・サイズ・オブ・トシコ - The Many Sides of Toshiko(1957年)
  • トリオ&カルテット - Toshiko her trio her quartet(1957年)
  • トシコ・マリアーノ・クワルテット - Toshiko Mariano Quartet(1960年)
  • ライブ・アット・バードランド - Toshiko Mariano Quartet Live At Birdland(1961年)
  • 黄色い長い道 ‐ 秋吉敏子リサイタル - Toshiko Akiyoshi Recital(1961年)
  • トシコ、旧友に会う - Toshiko Meets Her Old Pals(1961年)
  • イースト・アンド・ウェスト - East and West(1963年)
  • 魅惑のジャズ(1963年)
  • トシコの子守歌 - Lullabies for You(1965年)
  • トップ・オブ・ザ・ゲイトの秋吉敏子 -Toshiko at Top of the Gate(1968年)
  • ロング・イエロー・ロード - Long Yellow Road(1970年)
  • ソロ・ピアノ - Solo Piano(1971年)
  • デディケイションズ - Dedications(1976年)
  • フィネス - Finesse(1978年)
  • ジャスト・ビバップ - Just Be-bop(1980年)
  • 秋吉敏子トリオ(1983年)
  • 四季 - Four Seasons(1990年)
  • リメンバリング・バド - Remembering Bud(1990年)
  • シック・レディ - Chic Lady(1992年)
  • ディグ - Dig(1993年)
  • ナイト・アンド・ドリーム - Night and Dream(1994年)
  • イエス、アイ・ハブ・ノー・フォービート・トゥデイ - Yes, I Have No 4Beat Today!(1995年)
  • トシコ・プレイズ・トシコ - Toshiko Plays Toshiko(1997年)
  • ジャズ・アット・オペラ・ハウス (オムニバス) - Jazz at Opera House(1997年)
  • ベスト・シルバー - Best Silver(1998年)
  • スケッチ・オブ・ジャパン - Sketches of Japan(1999年)
  • ソロ・ライブ・アット・ケネディ・センター - Solo Live at the Kennedy Center(2000年)
  • ジャパニーズ・トリオ フィーチャリング 日野元彦 ライヴ・アット・ブルーノート東京1997 - Japanese Trio Live at Blue Note Tokyo 1997 Featuring日野元彦(2001年)
  • Country & Western Sound of Jazz Pianos(2002年)
  • ニューヨーク・スケッチ・ブック - New York Sketch Book(2004年)
  • Hope~活動60周年記念コンサート~
  • 秋吉敏子 渡米50周年 日本公演
  • TOSHIKO AKIYOSHI AND THE SWR BIG BAND~LET FREEDOM SWING(2008年)
  • VINTAGE SUPER DUO TOSHIKO & LEW(2008年) 

チャーリー・ミンガス・バンドに参加

  • The Complete Town Hall Concert (1962)

シングル[編集]

DVDオーディオ[編集]

  • ラストライヴ・イン・ブルーノート東京 - Last Live in Blue Note Tokyo(2004年)

文献[編集]

著書[編集]

その他[編集]

  • 「"日本人のジャズ"の自覚と追求 穐吉敏子」

エピソード[編集]

  • 横浜のクラブ『モカンボ』では、ジャズギタリストとして活動していた植木等とも一緒に演奏をしていたこともある。また、ハンプトン・ホーズが進駐軍の将校として来日していた際にもセッションをしたことがある。
  • 穐吉敏子がニューヨークへ行った後、後任のピアニストとしてモカンボに入ったのが桜井センリである。
  • 渡米してすぐに聞いたライブで、偶然演奏していたポール・チェンバースのベースを聴き、「アメリカのベーシストは皆こんなにうまいのか」と驚いた。

脚注[編集]

  1. ^ 「龝」「穐」「秋」は互いに異体字(字体は異なるがおなじ字種)であり、「龝吉 敏子」は「穐吉 敏子」「秋吉 敏子」とも表記される。
  2. ^ a b 秋吉敏子|プロフィール”. Warner Music Japan. 2012年8月14日閲覧。
  3. ^ “詩人の中村稔氏ら4氏に贈呈 2004年度朝日賞”. asahi.com (朝日新聞社). (2005年1月1日). オリジナル2005年2月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20050205051035/www.asahi.com/culture/update/0101/001.html 

外部リンク[編集]