HOPE 希望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HOPE 希望
秋吉敏子 Monday満ちるシングル
リリース 2006年12月4日
規格 12cmCDシングル
録音 2006年10月21日 ニューヨーク アバター・スタジオ(#1、#2)
ジャンル ジャズ
時間 10分21秒
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 谷川俊太郎、秋吉敏子
プロデュース 白石元哉
秋吉敏子 Monday満ちる シングル 年表
HOPE 希望
(2006年)
-
テンプレートを表示

HOPE 希望」(ホープ きぼう)は、ジャズピアニスト秋吉敏子が、長女である歌手Monday満ちるとの連名で2006年に発表したシングル。秋吉敏子にとって初のシングルで、秋吉のミュージシャン生活60周年を記念してリリースされた[1]

解説[編集]

2001年8月に秋吉敏子ジャズオーケストラ フィーチャリング ルー・タバキンによって初演された組曲「ヒロシマ〜そして終焉から」の第3楽章として作曲された「ホープ(希望)」が原曲で[1]、反戦・反核のメッセージが込められている。2006年のアルバム『Hope』に、ピアノ・ソロ・ヴァージョンが収録され、本シングルの3曲目にも同じヴァージョンを収録。

今回のシングル制作に当たって、谷川俊太郎が歌詞を提供した。秋吉の楽曲に歌詞がついたのは、これが初めてである[2]。Monday満ちるがボーカルを担当した1.と2.は、オリジナル・アルバム未収録。

収録曲[編集]

  1. HOPE - 3分37秒
  2. HOPE (English Version) - 3分30秒
    • 作詞:谷川俊太郎/訳詞:Monday満ちる/作曲:秋吉敏子
  3. HOPE (from Album [HOPE]) - 3分11秒
    • 作曲:秋吉敏子

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b CDライナーノーツ(岩浪洋三)
  2. ^ 秋吉敏子のコメント(CDライナーノーツ)

外部リンク[編集]