ガボール・ザボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガボール・ザボ
Gabor szabo.jpg
基本情報
出生名 Szabó Gábor
出生 1936年3月8日
出身地 ハンガリーの旗 ハンガリー ブダペスト
死没 1982年2月26日(満45歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
レーベル インパルス!レコード
Skye
ブルー・サム・レコード
CTIレコード
マーキュリー・レコード
共同作業者 チコ・ハミルトンゲイリー・マクファーランドレナ・ホーンボビー・ウーマック

ガボール・ザボ[1](Gábor Szabó、1936年3月8日 - 1982年2月26日)は、ハンガリージャズミュージシャンギタリストアメリカに渡り音楽活動を行う。

来歴[編集]

ブダペスト生まれ。14歳でギターを始める。20歳の時にハンガリー動乱が起こり、アメリカに渡る。1958年から1960年にかけてバークリー音楽院で学び、その後チコ・ハミルトン楽団で活動。

チコのバンドを脱退してからは、インパルス!レコードとの契約を得て、バンド・リーダーとしても活動。1965年11月に録音されたリーダー・アルバム『Gypsy '66』では、当時バークリー音楽院に留学していた渡辺貞夫フルートを担当[2]1966年5月には、代表作の一つ『Spellbinder』を録音。同作収録曲「Gypsy Queen」は、後にサンタナのアルバム『天の守護神』で、フリートウッド・マックの楽曲「Black Magic Woman」とのメドレーという形でカヴァーされた。その後、インド音楽からの影響も取り入れ、『Wind, Sky And Diamonds』はシタール奏者も含む編成でレコーディングされた。1960年代末期には、ゲイリー・マクファーランドと共にSkyeというレーベルを立ち上げ、ガボールも同レーベルから作品を発表するが、ゲイリーが1971年に死去したため閉鎖となる。

ブルース・レーベルの「ブルー・サム・レコード」から発表されたアルバム『High Contrast』では、ソウル・ミュージシャンのボビー・ウーマックと共演。同作でボビーがガボールのために書き下ろした「Breezin'」は、1976年ジョージ・ベンソンによるカヴァー・ヴァージョンが大ヒットする[3]1973年以降は、CTIレコードや、同社の傘下のレーベル「サルヴェイション」等で録音を行う。また、やはりCTIと契約していたポール・デスモンドのアルバム『Skylark』にゲスト参加[4]

1970年代後半になると、しばしば祖国ハンガリーを訪れるようになる。1979年チック・コリア等と共に行ったレコーディングが、アメリカでの最後の録音となり、その時の音源は後にアルバム『Femme Fatale』として発表される。1981年にはハンガリーに戻る。翌年、肝臓腎臓の障害により、ブダペストの病院で死去。

ディスコグラフィ[編集]

  • ジプシー'66 Gypsy '66 (1966年)
  • スペルバインダー Spellbinder (1966年)
  • シンパティコ Simpático (1966年) - ゲイリー・マクファーランドとの連名。
  • Jazz Raga (1966年)
  • ザ・ソーサラー The Sorcerer (1967年)
  • モア・ソーサリー More Sorcery (1967年)
  • Light My Fire (1967年)
  • ウインド、スカイ・アンド・ダイアモンズ Wind, Sky And Diamonds (1967年)
  • Bacchanal (1968年)
  • ドリームズ Dreams (1968年)
  • Gabor Szabo (1968年)
  • 1969 Gabor Szabo 1969 (1969年)
  • リナ&ガボール Lena & Gabor (1969年) - レナ・ホーンとの連名。
  • High Contrast (1970年)
  • Magical Connection (1970年)
  • Small World (1972年)
  • Gabor Szabo Live (1972年)
  • ミズラブ Mizrab (1973年)
  • ランブラー Rambler (1973年)
  • Macho (1975年)
  • Nightflight (1976年)
  • Faces (1977年)
  • Belsta River (1978年)
  • Femme Fatale (1981年)

脚注[編集]

  1. ^ ハンガリー語では姓が先に記載されるが、アメリカでは名の「Gábor」を先にした名義で活動しており、作品の日本発売元(ユニバーサルミュージックキングレコード等)の公式表記も英語に準じた「ガボール・ザボ」となっている。ハンガリー語の名前をカタカナに転写するとサボ・ガーボルとなる。
  2. ^ Gypsy '66 - Gabor Szabo : AllMusic
  3. ^ High Contrast - Gabor Szabo : AllMusic
  4. ^ Skylark - Paul Desmond : AllMusic

外部リンク[編集]