ガボール・ザボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガボール・ザボ
}
基本情報
出生名 Szabó Gábor
出生 1936年3月8日
出身地 ハンガリーの旗 ハンガリー ブダペスト
死没 1982年2月26日(満45歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
レーベル インパルス!レコード
Skye
ブルー・サム・レコード
CTIレコード
マーキュリー・レコード
共同作業者 チコ・ハミルトンゲイリー・マクファーランドレナ・ホーンボビー・ウーマック

ガボール・ザボ[1](Gábor Szabó、1936年3月8日 - 1982年2月26日)は、ハンガリージャズミュージシャンギタリストアメリカに渡り音楽活動を行う。

来歴[編集]

ブダペスト生まれ。14歳でギターを始める。20歳の時にハンガリー動乱が起こり、アメリカに渡る。1958年から1960年にかけてバークリー音楽院で学び、その後チコ・ハミルトン楽団で活動。

チコのバンドを脱退してからは、インパルス!レコードとの契約を得て、バンド・リーダーとしても活動。1965年11月に録音されたリーダー・アルバム『Gypsy '66』では、当時バークリー音楽院に留学していた渡辺貞夫フルートを担当[2]1966年5月には、代表作の一つ『Spellbinder』を録音。同作収録曲「Gypsy Queen」は、後にサンタナのアルバム『天の守護神』で、フリートウッド・マックの楽曲「Black Magic Woman」とのメドレーという形でカヴァーされた。その後、インド音楽からの影響も取り入れ、『Wind, Sky And Diamonds』はシタール奏者も含む編成でレコーディングされた。1960年代末期には、ゲイリー・マクファーランドと共にSkyeというレーベルを立ち上げ、ガボールも同レーベルから作品を発表するが、ゲイリーが1971年に死去したため閉鎖となる。

ブルース・レーベルの「ブルー・サム・レコード」から発表されたアルバム『High Contrast』では、ソウル・ミュージシャンのボビー・ウーマックと共演。同作でボビーがガボールのために書き下ろした「Breezin'」は、1976年ジョージ・ベンソンによるカヴァー・ヴァージョンが大ヒットする[3]1973年以降は、CTIレコードや、同社の傘下のレーベル「サルヴェイション」等で録音を行う。また、やはりCTIと契約していたポール・デスモンドのアルバム『Skylark』にゲスト参加[4]

1970年代後半になると、しばしば祖国ハンガリーを訪れるようになる。1979年チック・コリア等と共に行ったレコーディングが、アメリカでの最後の録音となり、その時の音源は後にアルバム『Femme Fatale』として発表される。1981年にはハンガリーに戻る。翌年、肝臓腎臓の障害により、ブダペストの病院で死去。

ディスコグラフィ[編集]

  • ジプシー'66 Gypsy '66 (1966年)
  • スペルバインダー Spellbinder (1966年)
  • シンパティコ Simpático (1966年) - ゲイリー・マクファーランドとの連名。
  • Jazz Raga (1966年)
  • ザ・ソーサラー The Sorcerer (1967年)
  • モア・ソーサリー More Sorcery (1967年)
  • Light My Fire (1967年)
  • ウインド、スカイ・アンド・ダイアモンズ Wind, Sky And Diamonds (1967年)
  • Bacchanal (1968年)
  • ドリームズ Dreams (1968年)
  • Gabor Szabo (1968年)
  • 1969 Gabor Szabo 1969 (1969年)
  • リナ&ガボール Lena & Gabor (1969年) - レナ・ホーンとの連名。
  • High Contrast (1970年)
  • Magical Connection (1970年)
  • Small World (1972年)
  • Gabor Szabo Live (1972年)
  • ミズラブ Mizrab (1973年)
  • ランブラー Rambler (1973年)
  • Macho (1975年)
  • Nightflight (1976年)
  • Faces (1977年)
  • Belsta River (1978年)
  • Femme Fatale (1981年)

脚注[編集]

  1. ^ ハンガリー語では姓が先に記載されるが、アメリカでは名の「Gábor」を先にした名義で活動しており、作品の日本発売元(ユニバーサルミュージックキングレコード等)の公式表記も英語に準じた「ガボール・ザボ」となっている。ハンガリー語の名前をカタカナに転写するとサボ・ガーボルとなる。
  2. ^ Gypsy '66 - Gabor Szabo : AllMusic
  3. ^ High Contrast - Gabor Szabo : AllMusic
  4. ^ Skylark - Paul Desmond : AllMusic

外部リンク[編集]