チャック・レイニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャック・レイニーChuck Rainey、Charles Walter Rainey III、1940年6月17日 - )はアメリカベーシストセッション・ベーシストとして、ソウルR&Bを中心に幅広いジャンルのレコーディングで活躍した。ジェームス・ジェマーソンの影に隠れがちであるが、モータウン・レーベルのレコーディングにも数多く参加しているといわれ、ジェームス・ジェマーソンと同様、現在のポップ・ミュージックのベース技法に多大な影響を与えた。

略歴[編集]

オハイオ州クリーブランド生まれ。兵役中にギターを覚え、大学・兵役終了後、地元のヤングタウン・クリーブランドに戻り、クリーブランドの地元バンドで専門的にギターを弾く。後にベースに転向。ニューヨークでセッション・ベーシストとして活動を始め、クインシー・ジョーンズアレサ・フランクリンシュープリームスキング・カーティスサム・クックエタ・ジェイムズジャッキー・ウィルソンアル・クーパーロバータ・フラックなどのレコーディングで活躍する。特に注目すべき点は、ビートルズのアメリカでの2番目のツアー「キング・カーティス・オールスターズ」にメンバーとして参加、ロサンジェルスに拠点を移すきっかけとなる。1972年ロサンゼルスへ移り、スティーリー・ダンのレコーディングで重要な役割を果たした。

1981年、オハイオ州芸術評議会から、最も貴重な賞を授与された厳選された数少ない音楽のサイドマンとして認可を受ける。それらは17のプラチナ・ゴールドレコード、ディーン・マーチンLife Time of Achievement賞 ベースマガジン / ニューヨークベースコレクレィブ'Life Time achievement賞、ダウンビート誌とプレイボーイ誌が選ぶ音楽投票トップ10(ベース・カテゴリー)での35年間連続ベース部門で選ばれ続けた事等が評価の対象となった。

2011年11月4日、テキサス州ダラスの自宅で脳卒中により倒れ、病院に緊急搬送される。現在は回復に向かっているとのことで、彼の妻はFacebookに「どうぞ彼のことを心にとどめ、祈りを捧げてください」と綴っている。

音楽教育[編集]

音楽教育も彼のキャリアと経験の重要な一部であるので、彼のテキストや教則ビデオは多くの教諭によりカリキュラムとして使われ、独学で勉強する人々にとっても魅力的なツールとなっている。 The Musicians Institute/B.I.T. とDick Grove Music Work Shopsのために初級ベースコース教材を書き教えたのを皮切りに、音楽教育学の分野の経験を身に付け加はじめた。 彼は70年代にギタープレーヤー誌とベースマガジンに教則コラムを書いた最初の有名ミュージシャンの一人である。コラムを持つという当時としての新しい試みの成功は、現在に見られのコラムニストによる連載の基礎となるものである。 「ロックンロール栄誉殿堂」は毎年ロックミュージックの伝説的人物を選ぶ。 2003年の時点で、チャック・レイニーのベースラインとリズムは以下のアーティストのオリジナルヒットレコーディングのベースを担うものとして認定されている。 アレサ・フランクリン(1987年)、マーヴィン・ゲイ(1988年)、ジャクソン5(1997年)、ラスカルズ(2000年)、スティーリー・ダン(2001年)。

外部リンク[編集]