峰厚介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
峰厚介
基本情報
出生名 峰厚介
出生 1944年2月6日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ジャズ
職業 サクソフォーン奏者作曲家
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1963年 -
共同作業者 ネイティブ・サン
公式サイト aomori-net.ne.jp/~yamagen/mine

峰 厚介(みね こうすけ、1944年2月6日 - )は東京都出身のテナーソプラノサックス奏者。

略歴[編集]

東邦学園高校出身。1963年アルト・サックス奏者として音楽活動を開始し、1969年の菊地雅章バンドへの参加を皮切りに、広く知れ渡る。

ジョン・コルトレーンに心酔し、1971年よりテナー・サックスも吹き始める。

1971年ジョー・ヘンダーソン『Joe Henderson And Kikuchi, Hino In Concert』(Fontana)、マル・ウォルドロン『Mal : Live 4 To 1』(日本フォノグラム / Philips)のライヴ録音で共演した。

1976年ギル・エヴァンス『Tokyo Concert』(West Wind)、『東京Concert 1976』(スタジオソングス)のライヴ録音でルー・ソロフと共演した。

一時渡米、帰国後1978年には、本田竹広らとジャズフュージョングループとして人気を博したネイティブ・サンを結成。その後も、Four Sound板橋文夫井野信義村上寛),峰クィンテット(峰厚介,秋山一将大口純一郎古澤良治郎岡田勉),QuietStoRm(秋山一将石渡明廣,峰厚介,岡田勉Cecil Monroe)などで活躍。

1988年、ジョージ・ラッセル『New York / The 4th Tokyo Music Joy '88』(キングレコード)の録音でルー・ソロフ、レイ・アンダーソンと共演した。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • 「モーニング・タイド」
  • 「ミネ」
  • 「セカンド・アルバム」
  • 「ダグリ」
  • 「Out Of Chaos(アウト・オブ・ケイオス)」
  • 「ソリッド」
  • 「サン・シャワー」
  • 「Major to Minor」
  • 「DUO」
  • 「In A Maze(イン・ナ・メイズ)」
  • 「BALANCEZ(バランセ)」
  • 「RENDEZVOUS」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]