ラッセル・フェランテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッセル・フェランテ
基本情報
出生名 ラッセル・キース・フェランテ
別名 ラス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ
ジャンル ジャズ, フュージョン, ポップ, R&B
職業 ピアニスト, キーボーディスト, コンポーザー, アレンジャー
担当楽器 ピアノキーボードシンセサイザー
共同作業者 イエロージャケッツ
公式サイト Russell Ferrante official site

ラッセル・キース・フェランテ(Russell Keith Ferrante)はアメリカカリフォルニア州サンノゼ出身のピアニストキーボーディストコンポーザーアレンジャーセッション・ミュージシャンであり、数多くのミュージシャンと共演。最初期のフュージョンバンド、イエロージャケッツのオリジナル・メンバーでもある。

バイオグラフィ[編集]

ジャズフュージョン等を中心としたセッション・ミュージシャンとして活動していた。ギタリストのロベン・フォード等をサポートしており、彼の1978年発表のアルバムThe Inside Storyにベーシストのジミー・ハスリップ、ドラマーのリッキー・ローソンが参加し、共演したのがきっかけにイエロージャケッツを結成。1981年にワーナー・ブラザーズ・レコードと契約し、セルフ・タイトルを発表。以後はレーベルやメンバー、音楽のスタイルを替えながらも、現在も活動している。

フュージョン以外でもジョニ・ミッチェルブレンダ・ラッセル等の歌手とも共演、ブレンダのヒット曲"Piano in the Dark"の共同作曲者の1人である。ブレンダはまたイエロージャケッツのアルバムにゲスト参加したこともある。

外部リンク[編集]