アナログフィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナログフィッシュ
基本情報
別名 Analogfish
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1999年 -
レーベル エピックレコードジャパン
2004年 - 2007年
P-VINE→felicity
2010年 - )
事務所 Bauxite Music wy./VINTAGE ROCK std.
公式サイト アナログフィッシュ
メンバー
佐々木健太郎ボーカルベース
下岡晃 (ボーカルギター
斉藤州一郎 (ドラムスコーラス

アナログフィッシュは、1999年に結成し、2004年メジャーデビューした日本のスリーピース・バンド。

概要[編集]

佐々木健太郎と下岡晃(ともに長野県下伊那郡喬木村出身)によるツインボーカルのスタイルを取っている。どちらが作詞するかによってメインボーカルが変わり、 コーラスはライブメンバー全員が担当する。 2001年からサポートドラムを迎えて都内で活動を開始、2002年に斉藤州一郎をメンバーに迎え、スリーピースとして活動する[1]。2004年メジャーデビュー、2008年からはインディーズで作品を発表する。

デビュー時からのメンバーである斉藤州一郎はほとんどの曲でコーラスを担当し、ライブではサウンドの要ともなっていたが、自律神経失調症の治療のため2008年3月10日に脱退が発表された。それ以降はサポートメンバーを迎えながらライブ活動を継続し、またゲストドラマーを迎えた音源の発表などを行っていた。しかし、2009年10月10日に行われた結成10周年記念イベントのステージから、再びバンドに復帰することとなった。

メンバー[編集]

  • 佐々木健太郎(ささきけんたろう):Vocal&Bass
  • 下岡晃(しもおかあきら):Vocal&Guitar
  • 斉藤州一郎(さいとうしゅういちろう):Drum&Vocal

過去のサポートメンバー[編集]

  • 菱谷昌弘(ひしたにまさひろ):Drum&Chorus
  • 木村ひさし(きむらひさし):Keyboard,Guiter&Chorus

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. スピード(2005年8月3日)テレビ東京アニメNARUTO第10期EDテーマ(142話 - 153話)
    スピード/月の花/テキサス
  2. Living in the City(2006年5月10日)
    Living in the City/City
  3. アンセム(2006年7月19日)
    アンセム/この気持ちは僕のもの
  4. Magic(2006年11月1日)
    Magic/海へ出た

ミニアルバム[編集]

  1. Hello Hello Hello(2004年9月23日)
    Hello/ラブホ/チンパンジー/山手ライナー/ナイトライダー
  2. BGM?(2005年2月23日)
    BGM/夜も眠れない/Ticket To Ride/紫の空/出かけた
  3. 失う用意はある?それともほうっておく勇気はあるのかい(2011年5月11日)
    PHASE/戦争がおきた/TEXAS/UNKNOWN/風の中さ

アルバム[編集]

  1. 世界は幻(2003年6月25日)※インディーズ
  2. 日曜日の夜みたいだ(2003年12月3日)※インディーズ
  3. アナログフィッシュ(2004年6月23日)※「世界は幻」「日曜日の夜みたいだ」を合わせた再発版
    白黒ック/ラジオ/LOW/夕暮れ/赤い自転車/バタフライ/確信なんかなくてもいいよ/世界は幻/行くのさ/ジョイナー/公園/のどかないなかのしずかなもぐら/不安
  4. KISS(キッス)(2005年9月21日)
    リー・ルード/スピード/Hello(!!!?mix)/いつのまにか/Town/処刑台に立って/BGM(!!!!!?mix)/月の花/ハーメルン/Queen/僕ったら/ナイトライダー2
  5. ROCK IS HARMONY(2006年11月22日)
    Living in the City/Magic/世界のエンドロール/ガールフレンド/アンセム/SIM CITY/マテンロー/スパイダー/公平なWorld/エナジー/この気持ちは僕のもの/Iwashi
  6. Fish My Life(2008年7月16日)
    才能(intro)/ダンスホール/PARADOX/Clap Your Hands!/Sayonara 90's/ほら/無力のマーチ/いずる/Lover
  7. Life Goes On(2010年2月10日)
    NOW/Light Bright/ハッピーエンド/Life goes on/平行/曖昧なハートビート/kiss/Tomorrow/Ready Steady Go/ハローグッバイ
  8. 荒野 / On the Wild Side(2011年9月7日)
    PHASE/荒野/ロックンロール/No Way/戦争がおきた/Hybrid/チアノーゼ/SAVANNA/ハミングバード/Fine/TEXAS (やけのはらバージョン)
  9. ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE. ANALOGFISH:THE BEST & HIBIYA YAON LIVE.(2012年3月7日)
    [DISC 1]荒野/Light Bright/確率の夜、可能性の朝(Feat.前野健太)/曖昧なハートビート/最後のfuture/PARADOX/ガールフレンド/アンセム/Living in the City/ナイトライダー2/Hello/のどかないなかのしずかなもぐら/バタフライ/Na Na Na/Hybrid
    [DISC 2]HIBIYA YAON LIVE/TEXAS/SAVANNA/LOW/ロックンロール/TOWN/UNKNOWN/NO WAY/平行/戦争がおきた/風の中さ/PHASE/Fine
  10. NEWCLEAR(2013年3月6日)
    Super Structure/My Way/Good bye Girlfriend/抱きしめて/GOLD RUSH/奇跡のような日/I say/STAR/Watch Out(サーモスタットはいかれてる)/希望/City of Symphony feat.やけのはら

その他[編集]

  1. , tobaccojuice, アナログフィッシュ「カウボーイ」(2004年6月2日)
    「LOW」「TEXAS」
  2. オムニバス『ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2008』(2008年7月9日)
    「Sayonara 90's」
  3. DVD『LIVE DVD “10×10×10″ LIVE at STUDIO COAST』(2009年12月23日)
    「白黒ック」「LOW」「確信なんかなくてもいいよ」「スピード」「BGM」「出かけた」「さかな道 前編」「さかな道 後編」「NOW」「Hello」「Clap Your Hands!」「ガールフレンド」「平行」「Town」「Light Bright」「ダンスホール」「アンセム」「Sayonara 90's」「ハローグッバイ」「夕暮れ」「Life Goes On」 +特典映像
  4. アナログ盤『TEXAS』(2011年7月24日/アナログ放送終了日)
  5. DVD『“TOKYO SAVANNA” LIVE at HIBIYA YAON』(2012年1月19日)
    「TEXAS」「SAVANNA」「LOW」「ロックンロール」「TOWN」「UNKNOWN」「No Way」「ハミングバード」「チアノーゼ」「平行」「Hybrid」「戦争がおきた」「風の中さ」「PHASE」「Fine」「アンセム」「Sayonara90's」「荒野」「出かけた」
  6. iTunes Store配信『town meeting in the sky』(2013年12月18日)
    「JAMBORiii STATION」にて配信したプログラム、「town meeting in the sky」内の、ライヴ・パートのみをMC含む完全ノーカットで編集したライブビデオ

ライブ・ライブツアー[編集]

  • 『世界は幻』ツアー (2003年)
  • 『行くのさ』ツアー (2004年)
  • 『Hello Hello Hello Hello』ツアー (2004年)
  • 『ハルコウララ〜』ツアー (2005年)
  • キッス・ジャパン・ツアー (2005・2006年)
  • TOUR is HARMONY (2007年)
  • Fish Your Vibe! TOUR (2008年)
  • アナログフィッシュ10周年記念祭り"10×10×10" (2009年10月10日 新木場スタジオコースト
  • welcome back!! Pre tour 2009 (2009年)
  • Analogfish 2010 “Life Goes On” TOUR (2010年)
  • The Analogfish Orchestra (2010年10月23日 九段会館
  • TOKYO SAVANNA (2011年10月10日 日比谷野外音楽堂
  • Band On the Wild Side(2012年)
  • Analogfish 10x10 Presents「Shibuya meeting」(2012年)
  • KYOTO TO TOKYO(2013年)
  • New and Clear TOUR(2013年)
  • KYOTO TO TOKYO(2014年)
イベント・フェス

 等、多数。

出演・連載[編集]

ラジオ
  • 『ROCKS』FM愛知
雑誌連載
  • 『オルタナティブハイスクール』Quip Magazine

脚注[編集]

  1. ^ ナタリー - アナログフィッシュ[1]

外部リンク[編集]