尼崎市総合文化センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尼崎市総合文化センター
Amagasaki Cultural Center
あましんアルカイックホール(2014年)
情報
完成 1982年
開館 1982年7月10日
開館公演 朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
客席数 大ホール:2,030席
中ホール:650~804席
小ホール:250席
所在地 660-0881
兵庫県尼崎市昭和通2-7-16
位置 北緯34度43分16秒
東経135度25分13.2秒
アクセス #アクセスを参照。
公式サイト 公式ウェブサイト

尼崎市総合文化センター (あまがさきしそうごうぶんかせんたー)は、兵庫県尼崎市にある複合文化施設。

概要[編集]

美術音楽演劇等芸術文化の拠点となる施設として、1982年にグランドオープンした。

建物は、美術館や文化教室の役割をもつ文化棟(1975年開館)と、音楽・演劇公演の会場となるホール棟(1982年開館)で構成される。声楽家集団関西二期会の活動拠点である。

大ホール[編集]

メインホールのあましんアルカイックホール(旧称:尼崎市総合文化センター大ホール)は、2030名収容の音楽コンサートを主用途とする。音響家が選ぶ優良ホール100選に選ばれているほか、オーストラリアシドニー・オペラハウスと友好ホール提携を結んでいる。1982年7月10日に朝比奈隆指揮の大阪フィルハーモニー交響楽団が「交響曲第5番 (チャイコフスキー)」でこけら落し公演を開催した。

施設[編集]

ホテル棟を除き、全て公益財団法人尼崎市総合文化センターの所有である。

文化棟
  • 美術ホール― 5階ホール、4階ホール
  • ギャラリーアルカイック
  • 尼崎市立地域研究史料館-7階
  • 宴会場など
ホール棟
  • あましんアルカイックホール(旧称:尼崎市総合文化センター大ホール)
    2030名収容。
  • あましんアルカイックホール・オクト(旧称:尼崎市総合文化センター中ホール)
    650~804名収容。コンピューター制御により、壁や床、客席を移動させることができる可変型ホール。
  • 小ホール(愛称:アルカイックホール・ミニ)
    250名収容の小ホール。
  • リハーサル室
  • 練習室
    • 2012年1月31日、大ホール・中ホールの命名権尼崎信用金庫が取得した。契約期間は2012年4月1日から2015年3月31日までの3年間(年700万円)であり、「あましんアルカイックホール」「あましんアルカイックホール・オクト」の呼称を用いている[1]
ホテル棟(住友生命ニューアルカイックビル/都ホテルニューアルカイック
  • 高さ100メートル、地上22階、地下1階建
  • 客室185室・宴会場16室など
  • かつては建物を住友生命が所有し、株式会社ホテルニューアルカイックが運営を行う、ホテルニューオータニの提携ホテルであったが、2007年に近畿日本鉄道が建物と経営権をそれぞれ取得し、2008年4月から近鉄ホテルシステムズにより運営が行われている。2011年4月にホテル名を「都ホテルニューアルカイック」に改称した[2]

備考[編集]

2009年4月1日より、エフエムあまがさきの放送事業を、株式会社エフエムあまがさきより引き継いだ。

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]