アルダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  1. 15世紀の出版人、アルドゥス・マヌティウス
  2. その名を冠した、出版関連ソフトウェアを開発・販売していた企業。
  3. カネボウフーズによるガム、および錠菓の名称。アルコールを分解する機能を持つ。
  4. 建て売り住宅のブランド名称。
  5. 世界中のウェブページのアーカイブを作成する、大規模ミラーサイト。
  6. アルドゥス・マヌティウスの名を冠する日本の企業 アルダス・アジール社。[1]

この記事では2について詳述する。


アルダス(Aldus)は、15世紀の出版人アルドゥス・マヌティウス(Aldus Manutius)の名を冠した、出版関連のソフトウェアを開発・販売していたアメリカの企業。(現在は存在しない)

また、TIFFは、PageMakerをWindows向けに移植する際に同社が開発したものである。

主要ソフトウェア[編集]

現在隆盛をきわめるDTP(DeskTop Publishing)という言葉と概念は、同社の社長ポール・ブレイナードによって、1985年のAldus PageMaker(現在のAdobe PageMaker)のリリースと同時に生み出された造語であった。

またマクロメディア社から販売されていたグラフィックソフトウェア「FreeHand」は、当初アルダス社から出ていた。

1994年、ブレイナードは同社をアドビシステムズに売却。アドビシステムズはFreeHandの開発・販売権をマクロメディアに売却。PageMakerは7.0を最終版としてアドビから販売された。FreeHandはMXa(バージョン11.01)を最終版としてマクロメディアから販売された。

2005年4月にマクロメディア社自体がアドビに買収され(同年12月3日に買収は完了)、現在、いずれも開発・販売は終了している。

その他のソフトウェア[編集]

  • After Effects
  • Persuasion
    Macintosh用のプレゼンテーションソフト
  • SuperPaint
    ペイント、ドロー、画像処理の機能を統合したグラフィックソフト
  • Photo Styler
    Adobe Photoshopタイプの写真修正ソフトウェア。
  • Table Editor
  • Fetch