ファイル名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファイル名(—めい, filename)は、コンピュータファイルシステム中に保存されたファイルを特定するためにつける名前のことである。コンピュータ上でファイルを作成し保存するときは、ファイル名をつけてから保存する。設定したファイル名は何度でも改名可能なのが一般的である。

オペレーティングシステム(OS)によってはファイル名がディレクトリの名前を意味することもある。また、ファイル名の長さや使用可能な文字の制限はOSやファイルシステムにより異なる。

ファイル名に含まれる要素[編集]

ファイル名には以下のような要素が含まれる場合がある。

  • プロトコル(スキームとも) — アクセス方法
    例:http, ftp, file, smb など
  • ホスト (ネットワークIDの場合も) — ホスト名、IPアドレス, ドメイン名, LANネットワーク名
    例: wikipedia.org, 207.142.131.206, \\MYCOMPUTER, SYS: など
  • デバイス (ノードとも) — ポート, ソケット, ドライブ, ルートマウントポイント, ディスク, ボリューム
    例:C:, /, SYSLIB など
  • ディレクトリ (パスとも) — ディレクトリ・ツリー
    例: /usr/bin, \TEMP, [USR.LIB.SRC] など
  • ファイル — ファイルの基底名(basename)
  • 種類 (形式や拡張子) — ファイルの内容種別を示す
    例:.txt, .exe, .dir など
  • バージョン — ファイルの版を表す番号

使用が不可能な記号[編集]

たとえ、コンピュータの中にインストールされていた記号でも、ファイル名では使用が不可能な記号がある。ファイルシステムが違うと、同じOSでも使用不可能な記号が異なることがある。また、あるコンピュータでは使用可能でも、他のコンピュータでは使用不可能な場合もある。 以下がそのような記号の例である。

記号 記号名 使用が不可能な理由
/ スラッシュ パス名コンポーネント分離符として、UNIXなどのOSやMS-DOSWindowsでは使用不可能。
\ バックスラッシュ
(円マーク)[1]
パス名コンポーネント分離符として、MS-DOSとWindowsでは使用不可能。
 ? クエスチョンマーク ワイルドカード(不特定だと示す記号)として使われるため、WindowsとAmigaOSでは使用不可能。
* アスタリスク ワイルドカードとして使用されるため、MS-DOSとWindowsでは使用不可能。
 : コロン ドライブレターに使用される、またはパス名分離符であるなどの理由から、Windows、AmigaOS、Mac OSでは使用不可能。
| バーティカルバー パイプの記号なので、Windowsで使用不可能。
" 引用符 スペースを含むファイル名の始まりと終わりを指定するのに使われるため、Windowsで使用不可能。
< 小なり記号 リダイレクトの記号として使われるので、UNIX系ではエスケープの必要な場合がある。NTFSでは使用不可。
> 大なり記号 <と同様に、UNIX系ではエスケープが必要な場合がある。NTFSでは使用不可。
. 終止符 ファイル名の最後に打ち込んだ場合、その後に拡張子が続くと解釈されるなどのトラブルとなってしまうため、MS-DOS で使用不可能。
半角スペース(末尾) 8.3形式を取り扱うデータ構造上の都合[2]から、MS-DOS や Windows で使用不可能。
a~z 英小文字 CD-ROM 向けファイルシステムのうち、ISO 9660 Level 1 では使用不可能。

使用が不可能なファイル名[編集]

Windows と MS-DOS では、以下の名前も OS によって予約[3]されており、使用不可能である。

CON, PRN, AUX, CLOCK$, NUL
COM0, COM1, COM2, COM3, COM4, COM5, COM6, COM7, COM8, COM9
LPT0, LPT1, LPT2, LPT3, LPT4, LPT5, LPT6, LPT7, LPT8, LPT9

ここで挙げたのは不完全な一覧であり、ファイルシステムごとの正確な名前付けの規則については外部リンク先を参照されたい。

ファイル名の重複[編集]

前述したとおり、あるデータやプログラムを作成し保存する際、ファイル名を設定するのが一般的である。その際、作成し保存するコンピュータの中に、設定しようとしている同一パス上(同一ディレクトリ/フォルダ上)にまったく同じのファイル名がある場合は、置き換えるか、キャンセルするかを指定しなければならない。

このように、1つのコンピュータに、同一パスかつ同じ名前のファイルがあることは、不可能となっている。

しかし、業務用のメインフレーム (汎用機) 等では、パス構造を採用しておらず、同じファイル名の存在を許容する場合があるが、一般には使用されていないため説明を省略する。

脚注[編集]

  1. ^ バックスラッシュの日本語フォント上の表現は¥(円マーク)となる。
  2. ^ FAT 形式のファイルシステムでは、ディレクトリエントリ(ファイル名・属性・実データ開始位置の一覧)におけるファイル名データの終端記号がなく、ベース名 8 バイトと拡張子 3 バイトについて、印字可能文字以外の個所は半角スペース (0x20) で埋められる。ファイル名の最後にスペースを打ち込んだ場合、ファイル名終端以降なのか有効な半角スペースなのか区別ができなってしまう。Windows では取り扱っているファイルが記録されている実際のファイルシステム仕様にかかわらずこの仕様が前提となっており、たとえば(ファイル名終端に半角スペースを識別できる)NTFS 形式のパーティションに作成されているファイルに対しても、ファイル名末尾に半角スペースがあるとうまく操作ができない。
  3. ^ デバイスファイル」「予約デバイス名」または「予約ファイル名」と呼ばれており、プリンタキーボードなどのデバイスをファイルに見立ててデータを入出力するための仕組みがある(DOS コマンドでの例: copy sample.txt prn)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]