ファイルマネージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nautilusファイルマネージャ

ファイルマネージャ(File Manager、ファイラー、ファイル管理ソフト、ファイルブラウザ)は、ファイルシステムを扱うためのユーザインタフェースを提供するコンピュータ・プログラムである。ファイルの移動やコピー、削除、改名、検索といったファイルそのものの操作に用いられると共に、ディレクトリ/フォルダの作成や削除、移動、改名なども行え、ファイルに対応する他のプログラムを迅速に起動することで、ファイルの作成や編集、表示、印刷といった作業の手助けを行う。ファイルシステムで多少の違いがあるが、各ファイルごとに持つファイル名やファイルサイズといった基本的な属性情報に加えて、表示/非表示や書き変え権限にタイムスタンプといった付加的な属性情報まで表示する機能を、ファイルマネージャは通常備えており、幾つかの属性項目は編集まで行える。ファイルマネージャ・ソフトウェアの中には、FTPNFSSMBWebDAV などを経由してネットワーク上のファイルに対して操作が行えるものがある。

ファイルシステム内のファイル群は一般に階層構造で表示される。ファイルマネージャには「戻る」や「進む」といったナビゲーションボタンのように、ウェブブラウザにヒントを得た機能をもつものがある。Windows Explorerなどグラフィカルユーザインタフェース・システム上で動作するファイルマネージャ・ソフトウェアの中には、デスクトップ環境を提供する機能を持ち、グラフィカルシェルと一体化したものがいくつかある。

[編集]