ワイルドカード (情報処理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンピュータなどの関連において、ワイルドカードは、検索など(グロブ(w:glob (programming)))の際に指定するパターンに使用する特殊文字の種類で、どんな対象文字、ないし文字列にもマッチするもののことである。カードゲームワイルドカードに由来する呼称。

Unixシェルでは、「?」(疑問符)を任意の一文字、「*」(アスタリスク)を長さ0文字以上の任意の文字列にマッチするパターンとして、コマンドライン上で、存在するファイルの名前に対して展開される(たとえば ac abc abd というファイルがある場合、cat a*c とコマンドを入力すると、cat abc ac のように展開されたうえで、cat プログラムが起動される)。

MS-DOSやその衣鉢を継いだMicrosoft Windowsでは、シェルはそのような展開を行わず、ワイルドカードはプログラムのプロセスにそのまま渡される。COMMAND.COMの内部コマンドにおける解釈では、ファイル名の途中で * があると、そこから拡張子のピリオドまでマッチをすっ飛ばし、全てマッチしたものとみなすので、FOO*BAR というパターンは FOO* と全く同じ意味である。また、REN *.TXT *.BAK といったようなコマンドに対してはDWIM的な(w:DWIM)挙動をする。

SQLのWHERE句におけるLIKE演算子では、長さ0文字以上の任意の文字列が「%」、任意の一文字が「_」である。

正規表現におけるクリーネ閉包とは似て非なるものであり混同してはいけない。

関連項目[編集]