住宅地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

住宅地図(じゅうたくちず)とは地図の一種で、戸別名(表札表示による居住者)表示地図である。

概要[編集]

地形図道路地図などと区別するために用いられる名称である。近年は国土地理院自治体発行の地形図等を元に、現地確認調査を実施し編集されていることが多い。別記内容として、集合住宅内の戸別名や事業用ビルのテナントも表記される場合もある。なお、住宅地図内に描かれている建物の外形形状をさして家型(いえがた、かけい)ということがある。

地方に一部地域の住宅地図を刊行している会社はいくつかあるが全国のものを刊行しているのはゼンリンのみで、住宅地図の代名詞として圧倒的なシェアを誇る。ゼンリンは、全国ほとんどの地区において1-2年周期で新版の住宅地図を定期的に刊行している。なお、一部僻地は数年周期となる。NHKの『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』「列島踏破30万人 執念の住宅地図」によると、ゼンリン社が住宅地図更新(実地調査)に要する年間人数は概算で延べ28万人であるとの事である。また、住宅地図は世界中で日本にしか存在しないそうである。

本として出版される他、CD化した電子地図としても販売される。原則、市町村単位の比較的狭いエリア単位で刊行され、CD版には広域のものがある。価格的には廉価版であっても最低4~5000円、最も一般的なゼンリンB4版住宅地図は一冊1~2万円がボリュームゾーンと高価である。商業上の理由と個人情報保護の観点からインターネットの地図配信サイトで無料で配信される事はないと推測される。ただし、Googleマップは集合住宅や商業ビルの名前が記載されており、無料住宅地図に近い存在であると言える。近年は、ネットの無料地図の影響やカーナビの普及で、住宅地図全体の売り上げは低下傾向にある。

主な用途[編集]

  • 住所を調査(警察が交通事故現場の住所を調べる時など公的な場所でも使用される)
  • 国勢調査
  • ハザードマップ
  • 住宅団地の案内看板
  • 不動産業
  • 配達人、配送車に常備
  • 地理情報システム(GIS)

住居表示と地番[編集]

通常の住宅地図は住居表示を採用している。そのため、建物では不動産登記上の地番とは異なる箇所が存在し、田畑等の地番も分からない。

地番が分かるように住宅地図に公図の情報を追加した住宅地図が存在する。ゼンリンではブルーマップ(住居表示地番対照住宅地図)、刊広社では住宅明細図地籍版と呼ばれる。一般住宅地図より更に高価な商品であり、一部の地域でしか刊行されていない。

ゼンリン住宅地図について[編集]

  • B4判住宅地図 - 最も普及している基本的な商品。B4より一回り大きく縦約39センチ。
  • A4判住宅地図 - 上記B4版をそのまま縮小した商品。B4版よりやや安価である。一部地域のみ発行。A4よりわずかに大きい。
  • スターマップ(A4判) - 巻末のビルテナント名、集合住宅居住者名を省いてさらに安価にした商品。A4ちょうどのサイズ。装丁は上記住宅地図と異なるライトタッチなものであり、上記より少し遅れて販売される傾向にある。元々一部地域のみの発行で、近年発行エリアは減り続けている。
  • バインダー版(B4判) - B4版住宅地図を、1ページ単位でばらして穴を開け、専用バインダーで綴じたものである。価格は、バインダーを除けばB4版と同じである。一部地域のみの発行と推測される。
  • ブルーマップ(B4判) - B4版住宅地図に青で公図情報を反映させたものである。一部地域のみの発行で、バインダー版も存在する。高知県等、県庁所在地でも発行されていない場合もあり、京都府は政令指定都市でありながら発行がない。全般的に、新版発行頻度は通常住宅地図ほど高くない。
  • デジタウン(CD判) - 住宅地図をCD化したもので、価格的には住宅地図の1.5倍ほどと更に高価である。僻地のものもあり、全域で発行されていると推測される。WindowsPCのみ対応。「大阪市全域」など、広域版も存在する。特殊なプロテクトがかかっており、複製作成はできたとしても極めて困難である。

ゼンリン以外の住宅地図メーカー[編集]

  • 吉田地図 - 大阪府全域の住宅地図を発行していた。2008年以降、新版の発行もwebの更新もない。
  • 京都吉田地図 - 上記の兄弟会社と推測される。京都市と府下の住宅地図を発行。こちらは2009年も新版が発行されている。
  • 刊広社 - 北陸とその近県、及び神奈川県横浜市の住宅地図を発行している。
  • セイコー社 - 本社で四国と東京都の住宅地図を、関係会社で中部及び中国地方の住宅地図を発行している。
  • たちばな出版 - 東北のごく一部の住宅地図を発行している。東京にある同名の出版社とは別の会社。
  • 北海道地図 - 東京都・札幌市・旭川市の住宅地図を発行している。その他にも利用目的に合わせたオーダーメイドなど、さまざまなニーズに対応。
  • 日本特殊地図協会 - 大阪府・阪神間地域を、連合町会区域(小学校校区)ごとに地図として毎年刊行。
  • 明細地図社 - 神奈川県の政令指定都市以外の地域を発行。

外部リンク[編集]