アーメド・サラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ジブチの旗 ジブチ
陸上競技
オリンピック
1988 ソウル 男子マラソン
世界陸上競技選手権大会
1987 ローマ 男子マラソン
1991 東京 男子マラソン

アーメド・サラ(Hussein Ahmed Salah, 1956年12月31日 - )は、ジブチの男子マラソン選手である。

プロフィール[編集]

  • ジブチ・アリ・サビエ州アリ・サビエ出身。
  • 1980年代~1990年代に活躍したアフリカを代表する男子マラソン選手のひとりであり、当時日本男子マラソン陣の最大のライバルのひとりであった。
  • レース中盤から後半にかけて自らスパートして独走、そのまま逃げ切って優勝するのが彼の得意なレーススタイルであったが、その後レース終盤に大きくペースダウンして、一旦引き離した選手に追いつかれ逆転されてしまい、優勝を逃すケースも多かった。
  • 当時日本の第1人者であった中山竹通日本の旗 日本)とは、同じ長身でスピードのある世界的強豪選手としてともに認知され、長らくライバル関係であり、中山とは6戦3勝(片方が棄権したレースも含める)であるが、1985年の広島で開催されたワールドカップマラソンでは今も語り継がれる名勝負を演じ競り勝ち優勝し、1988年ソウルオリンピックでも中山に僅差で先着し銅メダル、1991年東京世界陸上も中山の棄権を尻目に銀メダルを獲得するなど、サラが中山に勝ったマラソンではサラは好成績を収める事が多かった。しかし、サラと同じアフリカ勢のダグラス・ワキウリケニアの旗 ケニア)相手には極端に相性が悪く、1987年ローマ世界陸上、1988年ソウルオリンピック、1989年ロンドンマラソンとともに後塵を拝する結果となった(唯一1992年バルセロナオリンピックでサラはワキウリにかろうじて先着している)。瀬古利彦日本の旗 日本)には1988年ソウルオリンピックで初めて先着したが、1984年ロサンゼルスオリンピックや1986年シカゴマラソンでは瀬古に後塵を拝している。谷口浩美日本の旗 日本)相手では、1987年東京国際マラソンでサラの棄権、1990年ロッテルダムマラソン、1991年東京世界陸上、1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックで全て谷口がサラに先着するなど、谷口相手ではワキウリ以上に相性が悪かった。
  • 1991年東京世界陸上以後は精細を欠くレースが続くが、40歳目前の1996年ランスマラソンで2時間10分台を記録したり、40代になってもウィーンマラソンエンスヘデマラソンで優勝するなど、意外と息の長い選手生活であった。

主な成績[編集]


現役時代 マラソン成績[編集]

年月日 大会 大会
順位
記録
1983年03月27日 リヨンマラソン 02位 2時間17分29秒
1983年08月14日 世界陸上ヘルシンキ大会 棄権 -
1984年04月07日 リヨンマラソン 02位 2時間12分34秒
1984年05月12日 パリマラソン 01優勝 2時間11分58秒
1984年08月12日 ロサンゼルスオリンピック 20位 2時間15分59秒
1984年12月02日 福岡国際マラソン 棄権 -
1985年04月14日 ワールドカップマラソン広島大会 01優勝 2時間08分09秒
1985年08月16日 アフリカ陸上カイロ大会 01優勝 2時間23分01秒
1985年10月27日 ニューヨークシティマラソン 02位 2時間12分29秒
1986年05月04日 パリマラソン 01優勝 2時間12分44秒
1986年10月12日 シカゴマラソン 02位 2時間09分57秒
1987年02月08日 東京国際マラソン 棄権 -
1987年04月12日 ワールドカップマラソンソウル大会 01優勝 2時間10分55秒
1987年09月06日 世界陸上ローマ大会 02位 2時間12分30秒
1988年04月17日 ロッテルダムマラソン 02位 2時間07分07秒
1988年10月02日 ソウルオリンピック 03位 2時間10分59秒
1989年04月23日 ロンドンマラソン 03位 2時間09分09秒
1990年04月22日 ロッテルダムマラソン 07位 2時間17分01秒
1991年04月21日 ロッテルダムマラソン 棄権 -
1991年05月26日 ボルドーマラソン 棄権 -
1991年09月01日 世界陸上東京大会 02位 2時間15分26秒
1992年03月29日 パリマラソン 08位 2時間13分29秒
1992年08月09日 バルセロナオリンピック 30位 2時間19分04秒
1993年04月18日 ロンドンマラソン 08位 2時間12分40秒
1994年03月06日 ロサンゼルスマラソン 13位 2時間15分04秒
1994年04月24日 パリマラソン 04位 2時間11分19秒
1994年11月27日 河口湖日刊スポーツマラソン 棄権 -
1995年02月12日 東京国際マラソン 12位 2時間13分59秒
1995年04月23日 トリノマラソン 03位 2時間12分43秒
1995年08月12日 世界陸上イェーテボリ大会 25位 2時間20分50秒
1995年10月28日 春川国際マラソン 05位 2時間13分09秒
1996年04月20日 ベオグラードマラソン 01優勝 2時間14分15秒
1996年05月12日 トリノマラソン 棄権 -
1996年08月04日 アトランタオリンピック 42位 2時間20分33秒
1996年10月20日 ランスマラソン 02位 2時間10分22秒
1997年04月19日 ベオグラードマラソン 18位 2時間23分13秒
1997年05月25日 ウィーンマラソン 01優勝 2時間12分53秒
1997年10月26日 春川国際マラソン 12位 2時間15分53秒
1997年11月23日 モナコ・リヴィエラ国際マラソン 02位 2時間12分44秒
1998年06月07日 エンスヘーデマラソン 01優勝 2時間13分25秒
1998年11月22日 モナコ・リヴィエラ国際マラソン 07位 2時間14分35秒

関連項目[編集]

外部リンク[編集]