ブラヒム・ブタイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
モロッコの旗 モロッコ
陸上競技
オリンピック
1988 ソウル 男子 10000 m
世界陸上競技選手権大会
1991 東京 男子 5000 m

ブラヒム・ブタイブアラビア語: مولاي ابراهيم بوطيب‎、ローマ字:Moulay Brahim Boutayeb、1967年8月15日 - )は、モロッコの陸上競技選手。1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍した男子中長距離選手。1988年ソウルオリンピックの金メダリストである。ケミセット出身。

経歴[編集]

ブタイブは、1988年のソウルオリンピック10000mに出場するまでは無名の選手で、10000mよりむしろ5000mのランナーと見られていた。

ソウルオリンピックの10000mは、スタートから、ケニアキプケンボイ・キメリモーゼス・タヌイの2人が世界新記録ペースで引っ張り、5000m通過時点で先頭集団は少人数となっていた。ここからブタイブは先頭に立つと、後続を突き放し世界記録ペースのまま独走態勢に入る。ラスト1周の鐘が鳴り若干ペースが落ちたものの、27分21秒46の世界歴代4位のタイムで金メダルを獲得した。

ブタイブは、ソウルオリンピックの後、再び1500mから5000mを中心にレースに出場することとした。1991年の東京世界選手権では、ケニアのヨベス・オンディエキエチオピアフィタ・バイエサに次いで銅メダルを獲得。1992年のバルセロナオリンピックの5000mでは、ラスト混戦の末、13分13秒27で、金メダルのドイツディーター・バウマンから0秒75差、銅メダルのバイエサからはわずか0秒24差の4位でメダルを逃した。

ブタイブは、1993年の世界選手権の5000mで予選落ちした後は、陸上競技選手からラリードライバーに転向した。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1985 世界クロスカントリー選手権 リスボン(ポルトガル) ジュニア 10位 23分19秒
1986 世界クロスカントリー選手権 ヌーシャテル(スイス) ジュニア 7位 23分09秒4
1987 世界陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 5000m 10位(q) 13分32秒73
1988 アフリカ陸上競技選手権大会 アナバ(アルジェリア) 5000m 1位 13分49秒69
1988 アフリカ陸上競技選手権大会 アナバ(アルジェリア) 10000m 1位 28分55秒28
1988 オリンピック ソウル韓国 10000m 1位 27分21秒46
1991 世界陸上競技選手権大会 東京(日本) 5000m 3位 13分22秒70
1991 世界陸上競技選手権大会 東京(日本) 10000m 8位 28分12秒77
1992 世界クロスカントリー選手権 ボストン(アメリカ合衆国) シニアロング 56位 38分31秒
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 5000m 4位 13分13秒27
1993 世界陸上競技選手権大会 シュトゥットガルト(ドイツ) 5000m 6位(q) 13分42秒30
  • qは予選

自己ベスト[編集]

  • 3000m - 7分48秒13 (1994年)
  • 5000m - 13分17秒05 (1995年)
  • 10000m - 27分21秒46 (1988年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]