ジャッキー・ジョイナー=カーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッキー・ジョイナー=カーシー Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ジャクリーン・ジョイナー=カーシー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 七種競技走幅跳
生年月日 1962年3月3日(52歳)
生誕地 イリノイ州イーストセントルイス
身長 178cm
体重 70kg
自己ベスト 七種競技 : 7291点 (1988年、世界記録)
走幅跳 : 7m49cm (1994年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジャッキー・ジョイナー=カーシー(Jackie Joyner-Kersee、1962年3月3日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州イーストセントルイス出身の陸上競技女子七種競技及び走幅跳選手である。

1987年世界陸上競技選手権大会で女子七種競技と走幅跳でともに金メダルを獲得した。翌年のソウルオリンピックにおいても、七種競技及び走幅跳でともに金メダルを獲得し、世界選手権、オリンピックの2種目2冠の快挙を達成した。

1987年世界陸上競技選手権大会では2位に500点以上の大差をつけて圧勝するなど、七種競技において絶対的な強さを誇った。歴代の七種競技の上位6つまでの記録は、すべてカーシーが独占している[1]。 一方、走幅跳では、同時期に活躍したハイケ・ドレクスラードイツ)としばしば熱戦を演じた。現在の歴代記録においても、カーシーが2位の7m49、ドレクスラーが3位の7m48と、非常に拮抗している。

カーシーは、走幅跳だけではなく、200m100mハードルでも高い実力を発揮した。このように混成競技においてさまざまな種目で活躍した彼女は、その功績から「クイーン・オブ・アスリート」とも呼ばれる。

実兄のアル・ジョイナーロサンゼルスオリンピック男子三段跳で金メダルを獲得。アルの妻(義姉)フローレンス・グリフィス=ジョイナーは1988年ソウルオリンピック女子100m、200m、4×100mリレーで金メダルを、4×400mリレーで銀メダルを獲得している。カーシーの夫、ボブ・カーシーは彼女のコーチでもある。

自己ベスト[編集]

種目 記録 ポイント
100mH 12秒69 1172
走高跳 1m86 1054
砲丸投 15m80 915
200m 22秒56 1123
走幅跳 7m27 1264
やり投 45m66 776
800m 2分08秒51 987

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) 走幅跳 - (q) DNS
1984 オリンピック ロサンゼルス(アメリカ合衆国) 走幅跳 5位 6m77
1984 オリンピック ロサンゼルス(アメリカ合衆国) 七種競技 2位 6385pt
1987 パンアメリカンゲームズ インディアナポリス(アメリカ合衆国) 走幅跳 1位 7m45
1987 世界陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 走幅跳 1位 7m36
1987 世界陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 七種競技 1位 7128pt
1988 オリンピック ソウル(韓国) 走幅跳 1位 7m40
1988 オリンピック ソウル(韓国) 七種競技 1位 7291pt
1991 世界陸上競技選手権大会 東京(日本) 走幅跳 1位 7m32
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 走幅跳 3位 7m07
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 七種競技 1位 7044pt
1993 世界陸上競技選手権大会 シュトゥットガルト(ドイツ) 七種競技 1位 6837pt
1994 IAAFグランプリファイナル パリ(フランス) 走幅跳 1位 7m21
1995 世界陸上競技選手権大会 イェーテボリ(スウェーデン) 走幅跳 6位 6m74
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 走幅跳 3位 7m00
1997 世界陸上競技選手権大会 アテネ(ギリシャ) 走幅跳 5位 6m79
  • qは予選

外部リンク[編集]

  1. ^ All-time women's best heptathlon