マイケル・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ジョンソン Portal:陸上競技
Michael Johnson at London Olympic Stadium 2010-07 1.JPG
選手情報
愛称 MJ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
生年月日 1967年9月13日(47歳)
生誕地 テキサス州ダラス
居住地 カリフォルニア州サンラファエル
身長 185cm
体重 78kg
自己ベスト 100m:10秒09(1994年)
200m:19秒32(1996年)
400m:43秒18(1999年)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ 4×400mリレー
1996 アトランタ 200m
1996 アトランタ 400m
2000 シドニー 400m
剥奪 2000 シドニー 4×400mリレー
世界陸上競技選手権大会
1991 東京 200m
1993 シュトゥットガルト 400m
1993 シュトゥットガルト 4×400mリレー
1995 イェーテボリ 200m
1995 イェーテボリ 400m
1995 イェーテボリ 4×400mリレー
1997 アテネ 400m
1999 セビリア 400m
剥奪 1999 セビリア 4×400mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する
シドニーオリンピックにおけるジョンソン

マイケル・ジョンソンMichael Duane Johnson, 1967年9月13日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身の元陸上競技選手である。身長185cm、体重78kg。5人兄弟の末っ子である。1996年ジェームスサリバン賞を受賞した。

400m1600mRの世界記録保持者である。200mで21連勝、400mで56連勝を成し遂げる。背筋を伸ばした独特のピッチ走法に特徴がある。世界陸上で8個、オリンピックで4個の金メダルを獲得した。

経歴[編集]

1991年の世界陸上が、ジョンソンが初めて臨む世界の主要大会となった。200mの2次予選では、最後を流しながらも大会新記録(当時)(20秒05)をマークすると、決勝では向い風3.4m/sの中、20秒01と再び大会記録を更新して優勝。2位のフランク・フレデリクスに0.3秒以上の大差をつける圧勝であった。 1992年、全米五輪トライアル200mで優勝し、アメリカ代表入りしたが、バルセロナオリンピックでは食中毒のため準決勝で敗退。しかし、1600mRでは3走を務め、2分55秒74の世界新記録(当時)で金メダルを獲得した。 1993年の世界陸上では400mと1600mRで2冠を達成。なお、アンカーを務めたリレーでは42秒91のラップタイムを記録している。 1995年世界陸上イェーテボリ大会では、200mで19秒79の大会新記録(当時)、400mでも43秒39の大会新記録、そして1600mR(4走)でも2分56秒45で優勝し、三冠の偉業を成し遂げた。なお、200mの大会記録は2007年世界陸上大阪大会タイソン・ゲイが出した19秒76という記録により破られた。

1996年、全米五輪トライアル200mで、それまでの世界記録(19秒72)を17年振りに更新する19秒66をマーク。400mでも優勝し、アメリカ代表となる。アトランタオリンピックでは、初戦となる400メートル走で43秒49の五輪新で優勝。続いて200mでは自身の持つ世界記録を大幅に更新する19秒32の世界新記録で優勝。このときのタイムは、前半100mが10秒12、後半100mが9秒20という驚異的なものであり、彼自身『コーナーの出口で勝利を確信した。生涯最高のスピードで走っているとわかったよ』と語った。このレースで右ひざを痛めたため、このオリンピックではリレーを走っていない。このジョンソンの出した男子200mの記録は「向う100年は破られない」と言われていたが、それから12年の時を経た北京オリンピックにおいて、自身の眼前でウサイン・ボルトが出した19秒30という記録により終止符を打たれた。

1997年、「世界最速決定戦」として当時の100m9秒84の世界記録保持者ドノバン・ベイリーとの「150メートル走」対決がカナダで行われた。しかし、ジョンソンが脚の故障を理由に途中棄権、ベイリーが勝利した。 同年、足の故障を抱えたまま、3連覇を目指して世界陸上の400mに出場。2次予選では1着を狙わず最後の直線を流してフィニッシュしたところ、4着以内の予定が5着となり、タイムで辛くも準決勝進出という場面もあったが、最後は優勝、貫禄を見せた。因みに優勝タイムの44秒12は、彼のオリンピックと世界陸上タイトルの中では唯一の44秒台となっている。

1999年の世界陸上では400mで大会4連覇を達成するとともに、決勝で43秒18の世界新記録を樹立した。また、4×400mリレーでも優勝し、9つ目の金メダルを獲得。これにより、カール・ルイスが保持していた世界陸上金メダル獲得最多数「8」を破っていた。 2000年、シドニーオリンピックで、男子400mではオリンピック史上初の連覇を達成。アンカーを務めたリレーでも優勝した。ただし、4×400mリレーに関してはメンバーのアントニオ・ペティグルーにドーピング使用が判明したため2008年8月に失格となり、1999年世界陸上とシドニーオリンピックの金メダルが剥奪されている。

2001年9月15日、横浜で開催されたスーパー陸上2001において、スウェーデンリレーのアンカーとして走り、1分47秒93で優勝(DREAM TEAM(F・フレデリクスT・トランメルS・クロフォード→M・ジョンソン))。競技人生に終止符を打った。 また、ベン・ジョンソンとの比較で彼は『クリーン・ジョンソン』とも呼ばれた。

上述の通り、200mと400mで数々の記録とタイトルを独占したジョンソンだが、この2種目を専門とする陸上競技者は非常に珍しく、そういった意味においてもジョンソンは驚異的かつ稀有な選手であると言える(100mと200mを専攻する選手は多い。400mは陸上競技短距離走の中でもっとも過酷であり体力の消耗が激しいため、400mの選手はそれのみを専門にするのが常である)。また、ジョンソンはその驚異的なスピードが故に、普段の練習では競える練習相手がおらず、電光表示掲示板(速度調節が可能な物)を使って練習をしていたというエピソードが残っている。

パーソナルベスト[編集]

種目 記録 風速 場所 日付 備考
100m 10秒09
+2.0 m/s
ノックスビルアメリカ合衆国 1994年6月16日
200m 19秒32
+0.4 m/s
アトランタアメリカ合衆国 1996年8月1日 世界歴代3位
300m 30秒85
プレトリア南アフリカ共和国 2000年3月24日 世界最高記録(高地記録)
400m 43秒18
セビリアスペイン 1999年8月26日 世界記録
400m 44秒63 (室内) アトランタアメリカ合衆国 1995年3月4日 世界歴代2位

主な成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1990 グッドウィルゲームズ シアトル(アメリカ合衆国) 200m 1位 20秒54
1991 世界陸上競技選手権大会 東京(日本) 200m 1位 20秒01 大会新
1991 IAAFグランプリファイナル バルセロナ(スペイン) 200m 1位 19秒88
1992 全米選手権 ニューオーリンズ(アメリカ合衆国) 200m 1位 19秒79
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 1600mR 1位 2分55秒74 世界新
1993 世界陸上競技選手権大会 シュトゥットガルト(ドイツ) 400m 1位 43秒65 大会新
1993 世界陸上競技選手権大会 シュトゥットガルト(ドイツ) 1600mR 1位 2分54秒29 世界新
1993 IAAFグランプリファイナル ロンドン(イギリス) 200m 3位 20秒41
1994 グッドウィルゲームズ サンクトペテルブルク(ロシア) 200m 1位 20秒10 大会新
1995 世界陸上競技選手権大会 イェーテボリ(スウェーデン) 200m 1位 19秒79 大会新
1995 世界陸上競技選手権大会 イェーテボリ(スウェーデン) 400m 1位 43秒39 大会新
1995 世界陸上競技選手権大会 イェーテボリ(スウェーデン) 1600mR 1位 2分57秒32
1995 IAAFグランプリファイナル モンテカルロ(モナコ) 200m 1位 19秒93
1996 全米選手権 アトランタ(アメリカ合衆国) 200m 1位 19秒66 世界新
1996 全米選手権 アトランタ(アメリカ合衆国) 400m 1位 43秒44
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 200m 1位 19秒32 世界新、(*1)
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 400m 1位 43秒49 五輪新
1997 世界陸上競技選手権大会 アテネ(ギリシャ) 400m 1位 44秒12
1998 グッドウィルゲームズ ニューヨーク(アメリカ合衆国) 400m 1位 43秒76 大会新
1999 世界陸上競技選手権大会 セビリア(スペイン) 400m 1位 43秒18 世界新、4連覇
1999 世界陸上競技選手権大会 セビリア(スペイン) 1600mR DSQ
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 400m 1位 43秒84 (*2)

(*1) オリンピックにおいて、200mと400mの二冠は男子では史上初であった。なお、女子ではバレリー・ブリスコ・フックス(アメリカ)とマリー・ジョゼ・ペレク(フランス)の2人が、それぞれ1984年1996年に達成している。

(*2) 男子では400mで史上初の連覇となった。女子ではペレクが1992年1996年に連覇している。

外部リンク[編集]

先代:
イタリアの旗 ピエトロ・メンネア
男子200m世界記録保持者
1996/6/23~2008/8/20
次代:
ジャマイカの旗 ウサイン・ボルト
先代:
アメリカ合衆国の旗 ブッチ・レイノルズ
男子400m世界記録保持者
1999/8/26~
次代:
未定
先代:
ブラジルの旗 ロブソン・ダ・シルバ
男子200mシーズンベスト記録保持者
1990~1991
次代:
アメリカ合衆国の旗 マイク・マーシュ
先代:
イギリスの旗 ジョン・レジス
男子200mシーズンベスト記録保持者
1995~1996
次代:
トリニダード・トバゴの旗 アト・ボルドン
先代:
ナイジェリアの旗 フランシス・オビクウェル
男子200mシーズンベスト記録保持者
2000
次代:
アメリカ合衆国の旗 ジョシュア・ジョンソン