ラルフ・クレイグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルフ・クレイグ Portal:陸上競技
Ralph Craig.jpg
ラルフ・クレイグ
選手情報
フルネーム ラルフ・クック・クレイグ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
所属 Detroit Athletic Club, Detroit (USA)
生年月日 1889年6月21日
生誕地 ミシガン州デトロイト
没年月日 1972年7月21日(満83歳没)
死没地 ニューヨーク州レイクジョージ
身長 182cm
体重 73kg
自己ベスト 100m:10秒7(1912年)
200m:21秒7(1912年)
 
獲得メダル
陸上競技
オリンピック
1912 ストックホルム 男子100m
1912 ストックホルム 男子200m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ラルフ・クレイグ (Ralph Cook Craig、1889年6月21日 - 1972年7月21日)は、アメリカ合衆国の陸上競技選手。短距離の選手として1912年ストックホルムオリンピックに出場し、100m、200mの2冠を達成した選手である。

経歴[編集]

クレイグは、もともとはハードラーであった。ミシガン大学に入学後、スプリンターとしての才能を発揮し始めた。1910年、彼はIC4A(全米大学スポーツ連盟)の220ヤードで優勝。翌年も勝利を飾っている。

1912年にクレイグはオリンピック代表に選ばれ、ストックホルムオリンピックの100mに出場する。決勝では、予選で10秒6の世界記録を出していたドナルド・リッピンコット(Don Lippincott)が金メダルの最右翼と見られていた。7回ものフライングの後ようやくスタートを切ったレースで、クレイグは10秒8の記録を出し金メダルを獲得する。一方でリッピンコットは銅メダルに終わっている。クレイグは200mでもリッピンコットと熱戦を繰り広げ、21.7秒で、10分の1秒差で勝利し2冠を達成した。しかし、クレイグは、4×100mリレーのメンバーには加わらなかった。

オリンピック終了後すぐクレイグは競技から引退する。しかし、59歳になった1948年に、ロンドンオリンピックヨット競技の補欠として参加。結局出場はしなかったものの、開会式の旗手として行進をした。

外部リンク[編集]