ヘイズリー・クロフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘイズリー・クロフォード Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム Hasely Joachim Crawford
国籍 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ
種目 短距離走
生年月日 1950年8月16日(64歳)
生誕地 サンフェルナンド
 
獲得メダル
陸上競技
オリンピック
1976 モントリオール 男子 100 m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ヘイズリー・クロフォード(Hasely Joachim Crawford、1950年8月16日 - )はトリニダード・トバゴの陸上競技選手。1976年モントリオールオリンピックの陸上競技100mで、同国史上初めての金メダルを獲得した選手である。トリニダード・トバゴ中南部のサンフェルナンド出身。

経歴[編集]

クロフォードは、17歳で陸上競技をはじめ、国際大会にデビューしたのは1970年のコモンウェルスゲームズの100mであった。この大会では銅メダルを獲得している。

2年後の1972年ミュンヘンオリンピックでは、初めてのオリンピックで決勝まで残ったものの、残り20mでけがのため途中棄権という結果に終わった。

クロフォードは、1975年からアメリカのコーチに付き練習を行うこととなり、翌1976年のモントリオールオリンピックでは、100mで同国初のオリンピックチャンピオンという栄誉に輝いた。

その後、1980年、1984年のオリンピックにも参加し、トリニダード・トバゴの選手として最も多くのオリンピックに参加した選手となるが、再び決勝に残ることはなかった。

しかし、彼は国の英雄であり、切手にデザインされ、また飛行機やスタジアムの名前もつけられることとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]