リンディ・レミギノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンディ・レミギノ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム リンディ・ジョン・レミギノ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
生年月日 1931年6月3日(82歳)
生誕地 ニューヨーク州エルムハースト
 
獲得メダル
陸上競技
オリンピック
1952 ヘルシンキ 男子100m
1952 ヘルシンキ 男子4×100mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リンディ・ジョン・レミギノ(Lindy John Remigino, 1931年6月3日 - )は、アメリカ合衆国陸上競技選手。1952年ヘルシンキオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

レミギノは、1952年のIC4A選手権で優勝。その後行われた1952年ヘルシンキオリンピックの代表選考レースでは2位となり、オリンピック出場を決めた。オリンピック前のトレーニングでは他の選手はレミギノの走りに誰もついていけなかった。イタリア系のレミギノにイタリアのファンから声援が飛ぶ。そして100mの決勝は歴史に残る興奮したレースとなった。

スタートとともにオーストラリアジョン・トレロアが一歩リード。しかし、素早くレミギノがトレロアを捕らえる。ジャマイカハーブ・マッキンリーがちょっと後ろから追いかける。80mを過ぎまで、レミギノは大きくリードをとっていた。しかしここで彼はミスを犯してしまう。ゴールが視界に入り興奮したレミギノは、体が前に傾いてしまった。このためレミギノは減速。マッキンリー以下が襲いかかってきた。ゴールした瞬間誰が勝利したかわからなかった。

しかし、レミギノが金メダルであるとジャッジが下された。6人で行われたレースで、レミギノから最下位まで10分の1秒差の大変きわどいレースであった。

レミギノは、4×100mリレーにも出場。ディーン・スミス、前回大会の100m金メダル、この大会の110mハードル金メダルのハリソン・ディラード、この大会の200m金メダルのアンディ・スタンフィールドとともに、アメリカを金メダルに導いた。