リチャード・トンプソン (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・トンプソン Portal:陸上競技
100 m final Berlin 2009.JPG
左端がトンプソン(2009年ベルリン世界陸上)
選手情報
フルネーム リチャード・トンプソン
愛称 Torpedo
国籍 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ
種目 短距離走
生年月日 1985年6月7日(28歳)
生誕地 トリニダード・トバゴ、カスケード
身長 188cm
体重 80kg
自己ベスト
100m 9秒85(2011年)
200m 20秒18(2008年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リチャード・トンプソン(Richard "Torpedo" Thompson、1985年6月7日 - )は、トリニダード・トバゴの陸上競技選手。2008年北京オリンピックの銀メダリストで、100mのトリニダード・トバゴ記録保持者である。

経歴[編集]

トンプソンは、トリニダード・トバゴのカスケード出身。100mを専門とする選手で、ルイジアナ州立大学でも活躍。2008年の全米大学選手権100mのチャンピオンである。

トンプソンは2007年に大阪で開催された世界選手権に出場。しかし、2次予選で8人中8位という結果に終わった。トンプソンの2007年までの100mの自己ベストは10秒09であった。

トンプソンは、2008年北京オリンピックの100mに出場し、2次予選では、同じ組の優勝候補アメリカタイソン・ゲイを押さえ9秒99の1位で準決勝進出。準決勝では、今度は9秒93の自己ベストで、ジャマイカアサファ・パウエルに次いで2位(全体では3位)で決勝進出を決めた。そして、決勝では5レーンを走り、世界新記録で圧勝したジャマイカのウサイン・ボルトに大きく離されたものの、9秒89と自己ベストをさらに更新。トリニダード・トバゴにとっては、2000年シドニーオリンピックアト・ボルドン以来の男子100m銀メダルとなった。

トンプソンは、さらに、4×100mリレーにも出場。予選では、アメリカ、イギリスなど強豪国がバトンのミスで失格する中、38秒26の予選トップで決勝進出。キーストン・ブレドマンマルク・バーンズエマニエル・カレンダーとともに挑んだ決勝ではアンカーを務め、3位でバトンを受け継いだトンプソンは、2位の日本朝原宣治を抜き38秒06でゴールし、銀メダルを獲得した。トリニダード・トバゴのトラックのリレー種目としては1964年の東京オリンピックの4×400mリレーの銅メダル以来のメダルとなった。

2011年8月13日、トリニダード・トバゴ選手権の100mにて9秒85(+1.0m/s)を記録し、アト・ボルドンの持っていた9秒86のトリニダード・トバゴ記録を更新した。

自己ベスト[編集]

  • 60m - 6秒51 (2008年3月14日)
  • 100m - 9秒85 (2011年8月13日)
  • 200m - 20秒18 (2008年5月30日)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
2007 世界陸上選手権 大阪(日本) 100m 8位(qf) 10秒44
2008 オリンピック 北京(中華人民共和国) 100m 2位 9秒89
2008 オリンピック 北京(中華人民共和国) 4×100mリレー 2位 38秒06
2009 世界陸上選手権 ベルリン(ドイツ) 100m 5位 9秒93
2009 世界陸上選手権 ベルリン(ドイツ) 4×100mリレー 2位 37秒62
  • qfは2次予選

外部リンク[編集]