ロバート・テイラー (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 100m
1972 ミュンヘン 4×100mリレー

ロバート・テイラー (Robert Taylor, 1948年9月14日 - 2007年11月13日)は、アメリカ合衆国陸上競技選手。テキサス州タイラー生まれ。1972年ミュンヘンオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

テイラーは、1972年ミュンヘンオリンピックで、100mに出場。準決勝に出場する予定のアメリカの3選手は、競技開始時間を間違って知らされていたため、レイナード・ロビンソンエディー・ハートが遅刻のため失格。第3組で走ることとなっていたテイラーだけ間に合った。決勝では唯一のアメリカ選手として出場したが、10.24秒の記録でソ連ワレリー・ボルゾフに次いで銀メダルという結果に終わる。しかし、4×100mリレーでは、アメリカの第2走者として38.19秒の世界タイ記録を出し、金メダル獲得に貢献[1]

テイラーはその後、アメリカンフットボールカンザスシティ・チーフスに入団。俊足を生かしワイドレシーバーとなるが、ボールのキャッチングが苦手であったため大成しなかった[1]

2007年11月12日、不調を訴えて病院に行った彼は翌11月13日に亡くなった。妻によれば心臓に疾患を抱えていたという[1]

記録[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 100m 2位 10.24秒
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 4×100mリレー 1位 38.19秒
1977 IAAFワールドカップ デュッセルドルフ(西ドイツ) 400m 3位 45.57秒

家族[編集]

息子のボビー・テイラーもNFLのフィラデルフィア・イーグルスシアトル・シーホークスでプレーした[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 1972 silver medalist Taylor dies”. ESPN (2007年11月14日). 2012年8月21日閲覧。

関連項目[編集]