マイク・マーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ 200 m
1992 バルセロナ 4×100mリレー
1996 アトランタ 4×100mリレー

マイク・マーシュ (Michael Lawrence ("Mike") Marsh、1967年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。1992年バルセロナオリンピックの200mと4×100mリレーの金メダリストである。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

彼は、高校時代から陸上をはじめ、学生時代では全米学生選手権3位というのが最高の成績であった。1991年の世界選手権ではアメリカのリレーチームに選ばれるが、予選のみの出場であった。

1992年は彼にとって大きな転機となる年であった。4月にロサンゼルス市ウォルナットで行われた大会の100mでは、向かい風0.6m/sの中9秒93を記録した。これは風速・高度を補正した上での世界最高記録(当時)であった[1]

勢いそのままに臨んだバルセロナオリンピックの200m準決勝では、圧倒的なリードを奪い、フィニッシュ前の約10mをゆっくりと流してゴールした。この時のタイムは当時の世界記録(19秒72)にわずか0秒01と迫る19秒73の五輪新記録(当時)で、観客を大いに驚かせた。この前年までのマーシュの200mの記録は20秒35であり、実に0秒62も短縮した。

決勝では世界新記録が期待されたが世界記録更新はならなかった(20秒01)。しかし、自身初の金メダルを獲得した。4×100mリレーでは第1走を務め、37秒40の世界新記録(当時)を樹立。

ピエトロ・メンネアイタリア)が保持していた当時の200mの世界記録は、高地で追い風1.8m/sという非常な好条件の中で出たものであった。それに対しバルセロナでのマーシュの走りは、向かい風0.2m/sという不利な条件の上、最後を流してのものであり、その中での19秒73の記録は驚異的であった。後日行われたビデオ分析によれば、最後を流さなければ19秒65ほどのタイムが出ていたという。

主な実績[編集]

年度 大会 種目 場所 結果
1991 世界陸上選手権 4×100mリレー 東京日本 -
1992 オリンピック 200m バルセロナスペイン
1992 オリンピック 4×100mリレー バルセロナ(スペイン)
1993 世界陸上選手権 200m シュトゥットガルトドイツ 4位
1995 世界陸上選手権 100m イェーテボリスウェーデン 5位
1995 世界陸上選手権 4×100mリレー イェーテボリ(スウェーデン) -
1996 オリンピック 100m アトランタアメリカ合衆国 5位
1996 オリンピック 200m アトランタ(アメリカ合衆国) 8位
1996 オリンピック 4×100mリレー アトランタ(アメリカ合衆国)
1997 世界陸上選手権 100m アテネギリシャ 8位

記録[編集]

  • 60m - 6秒55 (1997年3月1日)
  • 100m - 9秒93 (1992年4月18日)
  • 200m - 19秒73 (1992年8月5日)

外部リンク[編集]

  1. ^ 100m Wind/Altitude Correction
  • 補正後のマーシュの記録は9秒90で、当時の世界記録は、カール・ルイスの9秒86(風速+1.2m/s、高度10m → 補正後9秒92)である。