ジャスティン・ガトリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティン・ガトリン Portal:陸上競技
Justin Gatlin cropped.JPG
ジャスティン・ガトリン(2005年世界陸上選手権
選手情報
フルネーム ジャスティン・ガトリン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
生年月日 1982年2月10日(32歳)
生誕地 アメリカニューヨーク
身長 185cm
体重 79kg
自己ベスト 100m:9秒79(2012年)
200m:19秒86(2002年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジャスティン・ガトリンJustin Gatlin, 1982年2月10日 - )は、アメリカニューヨークブルックリン区出身の短距離競走選手。アテネオリンピック100mの金メダリストである。

2006年5月12日に100mで9秒77を出し、世界タイ記録(当時)を保持していたが、2001年2006年の2回、ドーピング検査で陽性反応を示したため抹消された。2006年8月23日、米国反ドーピング機関(USADA)は今後ドーピングに関する調査に協力することを条件に、最長8年間の出場停止処分にしたと発表。2008年2月に、処分は4年に短縮された。さらに、一度目に犯したとされるドーピングが、注意欠陥障害の治療薬が原因であるため、ガトリン側は、一度目の件はドーピングには当たらないと主張していた。 その後、巣立った高校の男子陸上部のコーチをしていた。

2010年7月下旬、ドーピングによる資格停止が解除され、同年8月3日、エストニアでの小規模な国際大会で復帰。100mに出場し、10秒24で優勝した。

2012年6月24日、全米オリンピックトライアルの100mに出場。9秒80で優勝し、同種目のオリンピック米国代表に内定した。

2012年8月5日、ロンドンオリンピック男子100m決勝で9秒79で自己新記録を更新し、銅メダルを獲得した。

2013年8月11日、世界陸上モスクワ大会、男子100m決勝で9秒85で銀メダル獲得。世界選手権のメダル獲得は実に8年ぶり。 

主な成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
2003 世界室内陸上選手権 バーミンガムイギリス 60m 1位 6秒46
2004 オリンピック アテネギリシャ 100m 1位 9秒85
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 200m 3位 20秒03
2005 世界陸上選手権 ヘルシンキフィンランド 100m 1位 9秒88
2005 世界陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 200m 1位 20秒04
2012 世界室内陸上選手権 イスタンブールトルコ 60m 1位 6秒46
2012 ロンドンオリンピック ロンドンイギリス 100m 3位 9秒79
2013 世界陸上選手権 モスクワロシア 100m 2位 9秒85

自己記録[編集]

  • 60m  6秒45 (2003年3月1日、世界歴代5位)
  • 100m 9秒79 (2012年8月5日、世界歴代6位)
  • 200m 19秒86 (2002年5月12日)
  • 110mH 13秒78 (2001年5月12日)

人物[編集]

ドーピングの出場期間停止中、NFLの入団テストを受けたことがある。[1]

外部リンク[編集]

先代:
オーストラリアの旗 パトリック・ジョンソン
2003(9.93s)
100mシーズンベスト記録保持者
2004
次代:
ジャマイカの旗 アサファ・パウエル   
2005-2006(9.77s) 2007(9.74)