チャーリー・ジェンキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1956 メルボルン 400m
1956 メルボルン 4×400mリレー

チャーリー・ジェンキンス (Charles ("Charlie") Lamont Jenkins、1934年1月7日-)は、アメリカ合衆国陸上競技選手。1956年メルボルンオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

ジェンキンスは、1955年のAAUの大会の440ヤード走のチャンピオンであるにもかかわらず、1956年メルボルンオリンピックでは、注目は同じアメリカ人でもルイス・ジョーンズの方に集まっていた。ジョーンズは当時の世界記録保持者で、オリンピックの選考会の優勝者であった。一方でジェンキンスはジョーンズから大きく離された3位という結果であった。ジェンキンスは、メルボルンオリンピックの400mでは、予選、準決勝とも3位で、かろうじて決勝に進出。しかし決勝では一転して最高のレースを見せ、金メダルを獲得。さらに4×400mリレーでも、ジョーンズらとともに金メダルを獲得した。

ジェンキンスの息子のチップ・ジェンキンスも1992年バルセロナオリンピックに出場、4×400mリレーのアメリカチームの補欠選手として、予選に出場している。

外部リンク[編集]