アンジェロ・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンジェロ・テイラー Portal:陸上競技
Taylor in blue-cropped.jpg
選手情報
フルネーム アンジェロ・F・テイラー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走400m障害走
生年月日 1978年12月29日(35歳)
生誕地 ジョージア州アルバニー
身長 188cm
体重 84kg
自己ベスト
200m 20秒23(2010年)
400m 44秒05(2007年)
400mハードル 47秒25(2008年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アンジェロ・テイラーAngelo Taylor, 1978年12月29日 - )は、アメリカ合衆国陸上競技選手(短距離・障害)。400メートルハードルにおいて、シドニーオリンピック北京オリンピックの2大会で金メダルを獲得した。現在のコーチはロサンゼルスオリンピック(1984年)、銅メダリストのイノセント・エグブニケ

経歴[編集]

1978年、ジョージア州アルバニー生まれ。ジョージア工科大学を卒業。

1999年、400メートルハードルで、弱冠20歳ながら世界陸上米国代表に選出されるが、本番の予選で3着まで予選通過という勘違いのため落選(実際は2着まで)。4×400mリレーでは3走を務め金メダル獲得に貢献。

2000年、400メートルハードル全米選手権で優勝し、シドニーオリンピックでも1レーンという不利な条件の中、47秒50の好タイムで優勝を果たす。

2001年、エドモントンで開催された世界陸上選手権にも400メートルハードルに出場するが、準決勝4着で敗退。リレーでは優勝する。 ただし、4×400mリレーに関してはメンバーのアントニオ・ペティグルーにドーピング使用が判明したため2008年8月に失格となり、1999年世界陸上と2001年世界陸上の金メダルが剥奪されている。[1]

2004年、アテネオリンピックでは五輪2連覇を狙い400メートルハードルに出場するが前年の世界選手権に続き準決勝で敗退する。

2005,2006年は故障などのため、大した成績を収めることはできなかった。

2007年、大阪で開催された世界陸上選手権では従来の繊細なイメージを覆す短髪、サングラスで登場し、フラットの400mに出場。 大会前に44秒05の好タイムをマークしていたため、優勝候補筆頭のジェレミー・ウォリナーとの一騎打ちが期待されたが、決勝では44秒32の3位に終わった。

2008年、北京オリンピックでは、400mハードルで8年振りに自己記録を更新する47秒25の好タイムで優勝。4×400mリレーも制し、この大会2冠に輝いた。

2009年の世界陸上選手権では400mハードルで予選敗退したが、4×400mリレーで金メダルを獲得した。

2011年の世界陸上選手権では400mハードルで7位、4×400mリレーで金メダルを獲得した。

2012年のオリンピックでは400mハードルで5位、4×400mリレーで銀メダルを獲得した。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1996 世界ジュニア陸上選手権 シドニーオーストラリア 400mハードル 3位 50秒18
2000 オリンピック シドニーオーストラリア 400mハードル 1位 47秒50
2000 IAAFグランプリファイナル ドーハカタール 400mハードル 1位 48秒14
2007 世界陸上選手権 大阪日本 400m 3位 44秒32
2007 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 400m 3位 44秒92
2007 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 400mハードル 5位 49秒27
2008 オリンピック 北京中国 400mハードル 1位 47秒25
2008 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 400m 4位 45秒37
2009 IAAFワールドアスレチックファイナル テッサロニキギリシャ 400m 7位 46秒20

脚注[編集]

外部リンク[編集]