フランシス・オビクウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・オビクウェル Portal:陸上競技
Francis Obikwelu.jpg
選手情報
フルネーム フランシス・オビオラ・オビクウェル
ラテン文字 Francis Obiorah Obikwelu
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
種目 短距離走
生年月日 1978年11月22日(36歳)
出身地 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
アナンブラ州オニチャ
身長 195cm
体重 80kg
成績
オリンピック 100m 2位 (2004年)
200m 5位 (2004年)
400mR 準決勝途中棄権 (96年)
世界選手権 100m 4位 (2005年)
200m 3位 (1999年)
400mR 2位 (1997年)
地域大会決勝 ヨーロッパ陸上選手権
100m 優勝 (2002年, 2006年)
200m 優勝 (2006年)
400mR 6位 (2010年)
最高世界ランク 100m 2位 9秒86 (2004年)
200m 1位 19秒84 (1999年)
自己ベスト
50m 5秒79(2004年) ポルトガル記録
60m 6秒53(2011年) ポルトガル記録
100m 9秒86(2004年) ヨーロッパ記録
200m 19秒84 (1999年) ナイジェリア記録
400m 46秒29 (1998年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

フランシス・オビクウェル(Francis Obiorah Obikwelu, 1978年11月22日 - )は、ポルトガルの陸上競技選手である。2004年アテネオリンピックの男子100mで銀メダルを獲得。ポルトガル選手として短距離種目で初のメダリストとなった。ナイジェリアイボ族出身で2001年にポルトガルの市民権を取得した。100mで9秒86のヨーロッパ記録、200mで19秒84のアフリカ歴代2位の記録を持つ。

経歴[編集]

ナイジェリア時代[編集]

  • 若干15歳で出場した1994年アフリカジュニア選手権の400mで銀メダルを獲得。同じく15歳で出場した1994年世界ジュニア選手権の400mは準決勝まで進出した。
  • 2度目の出場となった1996年世界ジュニア選手権の100mと200mで金メダルを獲得し、1992年大会のアト・ボルドン以来、大会史上2人目の100mと200mの2冠を達成した。
  • 1997年世界室内選手権の200mで銅メダルを獲得し、世界室内選手権の200mでナイジェリア初のメダリストに輝いた。現在は世界室内選手権で200mが実施されないため、ナイジェリア唯一の世界室内選手権の200mメダリストである。
  • 1997年世界選手権の4×100mリレーで3走を務め、準決勝をアフリカ記録となる37秒94で通過して銀メダルを獲得した。
  • 1999年世界選手権の200mで、準決勝をアフリカ歴代2位の記録となる19秒84で通過して銅メダルを獲得した。2走を務めた4×100mリレーでは37秒91のアフリカ記録で銅メダルを獲得したが、リレーメンバーだったInnocent Asonzeのドーピングが後に発覚して失格となった。

ポルトガル時代[編集]

  • 2002年ヨーロッパ選手権の100mで10秒06のポルトガル記録を樹立して銀メダルを獲得し、ヨーロッパ選手権の短距離種目でポルトガル初のメダリストに輝いた。優勝したドウェイン・チェンバースが後にドーピング処分でメダルを剥奪されたため、繰り上がりで金メダル獲得となった。200mでも20秒21のポルトガル記録を樹立して銀メダルを獲得した。
  • アテネオリンピックでの100mの2次予選では、最後を流したにもかかわらず9秒93で1着通過し、ポルトガル新記録(当時)を樹立。さらに決勝では、中盤からの追い上げにより、前回チャンピオンのモーリス・グリーンらをかわし、ジャスティン・ガトリンに次いで2位でフィニッシュした。タイムは9秒86で、ヨーロッパ記録を11年ぶりに塗り替えた(従来の記録は、1993年にリンフォード・クリスティが出した9秒87)。
  • 2006年ヨーロッパ選手権の100mを9秒99の大会記録で制して2連覇を達成。200mも20秒01のポルトガル記録で制し、1978年大会のピエトロ・メンネア以来、史上6人目の100mと200mの2冠を達成した。
  • 北京オリンピック終了後、引退を表明したが、後に発言を撤回して現役を続行した。
  • 6度目の出場となった2009年世界選手権は4×100mリレーのみの出場になり、アンカーを務めたが予選で敗退した。
  • 2010年ヨーロッパ選手権では100mの3連覇と200mの2連覇がかかっていたが、100mは優勝したクリストフ・ルメートルと0秒07差の4位に終わり、3連覇とメダルを逃した(決勝は2位から5位までが10秒18の同タイムという混戦だった)。200mは欠場した。
  • 2011年ヨーロッパ室内選手権の60mには32歳で出場すると、決勝で自身のポルトガル記録を0秒01更新する6秒53で金メダルを獲得し、ヨーロッパ室内選手権の短距離種目でポルトガル初のメダリストに輝いた。また、この時の年齢は32歳と104日で、これはヨーロッパ室内選手権60mの最年長金メダリスト記録である。なお、0秒01差の2位に入ったドウェイン・チェンバースも同じ32歳(と335日)だった。
  • 2014年ヨーロッパ選手権の4×100mリレーに35歳で出場し、2走を務めた予選は38秒79のポルトガル記録で通過したが、決勝は途中棄権に終わった。

実績[編集]

年度 大会 種目 タイム 結果 場所
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
1994 アフリカジュニア陸上選手権 400m 47.22 2位 アルジェアルジェリア
1994 アフリカジュニア陸上選手権 4×400mリレー 3:10.37 2位 アルジェ(アルジェリア)
1996 世界ジュニア陸上選手権 100m 10.21 1位 シドニーオーストラリア
1996 世界ジュニア陸上選手権 200m 20.47 1位 シドニー(オーストラリア)
1997 世界室内陸上選手権 200m 21.10 3位 パリフランス
1997 世界陸上選手権 4×100mリレー 38.07 2位 アテネギリシャ
1999 世界陸上選手権 200m 20.11 3位 セビリアスペイン
1999 アフリカ競技大会 100m 10.01 2位 ヨハネスブルグ南アフリカ
1999 アフリカ競技大会 200m 20.06 1位 ヨハネスブルグ(南アフリカ)
1999 IAAFグランプリファイナル 200m 20.12 3位 ミュンヘンドイツ
2001 IAAFグランプリファイナル 200m 20.52 3位 メルボルンオーストラリア
ポルトガルの旗 ポルトガル
2002 ヨーロッパ陸上選手権 100m 10.06 1位 ミュンヘンドイツ
2002 ヨーロッパ陸上選手権 200m 20.21 2位 ミュンヘン(ドイツ)
2002 IAAF陸上ワールドカップ 100m 10.09 3位 マドリードスペイン
2002 IAAF陸上ワールドカップ 200m 20.18 1位 マドリード(スペイン)
2004 オリンピック 100m 9.86 2位 アテネギリシャ
2004 IAAFワールドアスレチックファイナル 100m 10.10 2位 モンテカルロモナコ
2006 ヨーロッパ陸上選手権 100m 9.99 1位 イェーテボリスウェーデン
2006 ヨーロッパ陸上選手権 200m 20.01 1位 イェーテボリ(スウェーデン)
2006 IAAF陸上ワールドカップ 100m 10.09 2位 アテネギリシャ
2009 ポルトガル語圏競技大会 100m 10.18 1位 リスボンポルトガル
2009 ポルトガル語圏競技大会 4×100mリレー 39.31 2位 リスボン(ポルトガル)
2011 ヨーロッパ室内陸上選手権 60m 6.53 1位 パリフランス

記録[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 9秒86(+0.6) 2004年8月22日 ギリシャの旗 アテネ ヨーロッパ記録
200m 19秒84(+1.7) 1999年8月25日 スペインの旗 セビリア ナイジェリア記録, アフリカ歴代2位
400m 46秒29 1998年6月3日 スペインの旗 グラナダ
室内
50m 5秒79 2004年2月28日 フランスの旗 リエヴァン ポルトガル記録
60m 6秒53 2011年3月6日 フランスの旗 パリ ポルトガル記録
200m 20秒46 1999年2月21日 フランスの旗 リエヴァン ナイジェリア記録

外部リンク[編集]

タイトル[編集]

先代:
トリニダード・トバゴの旗 アト・ボルドン
200mシーズンベスト記録保持者
1999
次代:
アメリカ合衆国の旗 マイケル・ジョンソン
先代:
イギリスの旗 リンフォード・クリスティ
100mヨーロッパ記録保持者
2004/8/22-
次代:
未定