クリストフ・ルメートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストフ・ルメートル
Christophe Lemaitre
Portal:陸上競技
Christophe Lemaitre Barcelone 2010.jpg
2010年ヨーロッパ陸上競技選手権大会にて
選手情報
国籍 フランス
種目 短距離走
生年月日 1990年6月11日(24歳)
生誕地 フランスの旗 フランスアヌシー
身長 189cm
体重 74kg
成績
オリンピック 200m 6位 (2012年
4x100mR 4位 (2012年)
世界選手権 100m 4位 (2011年
200m 3位 (2011年)
4x100mR 2位 (2011年)
地域大会決勝 ヨーロッパ選手権
100m 優勝 (2010,12年
200m 優勝 (2010年)
4x100mR 優勝 (2010年)
国内大会決勝 フランス選手権
100m 優勝 (2010-12,14年)
200m 優勝 (2010-14年)
最高世界ランク 100m 11位 (2010,11年)[1]
200m 4位 (2011年)[2]
自己ベスト
50m 5秒71 (2010,12年)
60m 6秒55 (2010年)
100m 9秒92 (+2.0m/s , 2011年) NR
200m 19秒80 (+0.8m/s , 2011年) NR
 
獲得メダル
男子 陸上競技
フランスの旗 フランス
世界陸上競技選手権大会
2011 大邱 4×100mリレー
2011 大邱 200m
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
2010 バルセロナ 100m
2010 バルセロナ 200m
2010 バルセロナ 4×100mリレー
2012 ヘルシンキ 100m
2014 チューリッヒ 100m
2014 チューリッヒ 200m
2012 ヘルシンキ 4×100mリレー
2014 チューリッヒ 4×100mリレー
ヨーロッパ室内陸上競技選手権大会
2011 パリ 60m
IAAFワールドリレーズ
2014 ナッソー 4×200mリレー
世界ジュニア陸上競技選手権大会
2008 ビドゴシチ 200m
ヨーロッパジュニア陸上競技選手権大会
2009 ノヴィ・サド 100m
欧州連合の旗 ヨーロッパ
IAAFコンチネンタルカップ
2010 スプリト 100m
2014 マラケシュ 4×100mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する

クリストフ・ルメートル[3]Christophe Lemaitre1990年6月11日 - )は、フランスの陸上競技選手である。100メートル競走200メートル競走を専門とし、100m、200mのフランス記録保持者。2010年7月、男子100メートル走コーカソイドとして初めて10秒の壁を突破した。

経歴[編集]

2009年[編集]

2009年の欧州ジュニア陸上競技選手権大会では欧州ジュニア記録である10秒04を記録し金メダルを獲得[4]

また、ルメートルは200メートルの世界ジュニアチャンピオンでもある[5]。2009年には彼の功績を讃えてヨーロッパ陸上競技男子新人賞が贈られた[6]

2010年[編集]

2010年のシーズン開始時、エクス=レ=バンにおいて10秒09を記録し、その後風速2.2m/sの向かい風ながら10秒24を記録した。5月にはフランソンヴィルにて行われたフランスクラブナショナル選手権で10秒03の自己新記録を更新した。ロナルド・ポニョンの持つフランス記録9秒99を破れず失望したと語った[7]。同年のヨーロッパチーム選手権にて再び記録に挑戦したが、ドウェイン・チェンバースに次ぐ10秒02の自己新記録を更新し2位に入った[8]

2010年7月9日、陸上フランス選手権にて9秒98を記録し、コーカソイドとしては初めて100メートルを10秒未満で走った人物となった[9][10]。翌日行われた200m決勝では20秒16のフランス記録タイで優勝。

7月28日に行われたヨーロッパ陸上選手権の100mで前大会覇者のフランシス・オビクウェルやドウェイン・チェンバースなどの強豪を退け金メダルを獲得。翌日行われた200m決勝ではコーナーで出遅れるが後半に伸びを見せイギリスのクリスチャン・マルコム英語版を0.01秒の僅差で下す。8月1日に行われた4×100mリレーでは2走を務め38秒11の好タイムで優勝し、3冠を達成した。

8月29日、イタリアで開催されたリエーティ・グランプリにて男子100m予選で9秒98を出し、決勝では9秒97と自身の持つフランス記録を更新した。

9月4日、スプリトで行われたIAAFコンチネンタルカップの100mに出場し、10秒06で優勝した。

2011年[編集]

2011年3月、パリで開催されたヨーロッパ室内選手権の60mに出場すると、準決勝で6秒55の自己ベストをマークして決勝に進出し、銅メダルを獲得した。

6月18日、ストックホルムで開催されたヨーロッパチーム選手権の100mを9秒95で優勝し、自身の持つフランス記録を更新した[11]

7月29日、フランス選手権の100m決勝で9秒92をマークし、自身の持つフランス記録を更新した[12]

8-9月、大邱で開催された世界選手権の100mと200mと4×100mリレーに出場した。100mではジミー・ヴィコー英語版と共にフランス男子選手初の決勝に進出した。決勝は3位のキム・コリンズと0秒10差の4位でメダルは逃したが、アフリカ系以外の選手の過去最高順位タイを記録した[13]。200mでは決勝で19秒80のヨーロッパ歴代2位とフランス新記録を樹立して銅メダルを獲得した[14]。フランス男子選手のメダル獲得は、1987年大会ジル・ケネールヴェが銀メダルを獲得して以来、実に24年ぶりだった。4×100mリレーでは2走を務め、決勝では優勝したジャマイカと1秒16差の2位に入り、2005年大会以来のメダルを獲得した。

2012年以降[編集]

2012年6月、ヘルシンキで開催されたヨーロッパ選手権の100mを10秒09で優勝し、連覇を達成した[15]

8月、ロンドンで開催されたオリンピックに初出場を果たした。200mでは、フランス男子選手としては1988年大会ブルーノ・マリーローズとジル・ケネールヴェ以来の決勝進出を果たしたが、決勝は苦手のスタートで出遅れて20秒19の6位[16]。4×100mリレーは2走を務め、決勝では3位のトリニダード・トバゴと0秒04差の4位でメダルを逃した。

2013年7月、フランス選手権の100mで10秒19の2位になり、予選と決勝の両レースで9秒95をマークしたジミー・ヴィコーに敗れて4年連続の2冠を逃した。ジミー・ヴィコーが出場しなかった200mは20秒34で制し、4連覇を達成した[17]

8月、モスクワで開催された世界選手権に出場した。100mの準決勝は張培萌と同タイムの10秒00をマークしたが、わずか0秒001差で4位になり、準決勝全体8番目のタイムで決勝に進出した[18]。2大会連続の決勝は10秒06の7位に終わった。出場予定だった100mと4×100mリレーは怪我のため欠場した[19]

2014年5月、ナッソーで開催されたIAAFワールドリレーズに出場。4×200mリレーでは1走を務め、決勝で1分20秒66のヨーロッパ新記録を樹立して銅メダルを獲得した[20]8月13日ヨーロッパ選手権100m決勝では連覇が期待されたが、10秒13で2位となった[21]

主な実績[編集]

大会 場所 月日 種目 結果 記録 風速
2007 世界ユース選手権 オストラバ 7月12日 100m 4位 10秒67 -0.4m/s
7月15日 200m 5位 21秒15 -0.2m/s
2008 世界ジュニア選手権 ブィドゴシュチュ 7月11日 200m 優勝 20秒83 -0.9m/s
2009 ヨーロッパ室内選手権 トリノ 3月7日 60m 準決勝敗退 6秒72  
ヨーロッパチーム選手権 レイリア 7月20日 4x100mR 3位 38秒80
ヨーロッパジュニア選手権 ノヴィ・サド 7月24日 100m 優勝 10秒04 +0.2m/s
7月26日 4x100mR 予選失格 -(h)
世界選手権 ベルリン 8月15日 100m 二次予選失格 -(qf)
8月22日 4x100mR 8位 39秒21
2010 ヨーロッパチーム選手権 ベルゲン 6月19日 100m 2位 10秒02 +1.1m/s
ヨーロッパ選手権 バルセロナ 7月28日 100m 優勝 10秒11 -1.0m/s
7月30日 200m 優勝 20秒37 -0.8m/s
8月1日 4x100mR 優勝 38秒11
IAAFコンチネンタルカップ スプリト 9月4日 100m 優勝 10秒06 +0.7m/s
9月4日 4x100mR 失格
2011 ヨーロッパ室内選手権 パリ 3月6日 60m 3位 6秒58
ヨーロッパチーム選手権 ストックホルム 6月18日 100m 優勝 9秒95 +1.1m/s
6月18日 4x100mR 2位 38秒71
6月19日 200m 優勝 20秒28 -2.8m/s
世界選手権 大邱 8月28日 100m 4位 10秒19 -1.4m/s
9月3日 200m 3位 19秒80 +0.8m/s
9月4日 4x100mR 2位 38秒20
2012 ヨーロッパ選手権 ヘルシンキ 6月28日 100m 優勝 10秒09 -0.7m/s
7月1日 4x100mR 3位 38秒46
オリンピック ロンドン 8月9日 200m 6位 20秒19 +0.8m/s
8月11日 4x100mR 4位 38秒16
2013 ヨーロッパチーム選手権 ゲーツヘッド 6月22日 4x100mR 4位 38秒84
6月23日 200m 優勝 20秒27 +2.4m/s
世界選手権 モスクワ 8月11日 100m 7位 10秒06 -0.3m/s
2014 IAAFワールドリレーズ ナッソー 5月24日 4x200mR 3位 1分20秒66
5月25日 4x100mR 決勝棄権
ヨーロッパ選手権 チューリッヒ 8月13日 100m 2位 10秒13 -0.4m/s
8月15日 200m 2位 20秒15 -1.6m/s
8月17日 4x100mR 3位 38秒47
IAAFコンチネンタルカップ マラケシュ 9月13日 100m 5位 10秒13 -0.1m/s
9月13日 4x100mR 2位 38秒62
9月14日 200m 4位 20秒28 +0.2m/s
IAAFダイヤモンドリーグ 5-9月 200m 年間3位 4ポイント

自己記録[編集]

種目 記録 日時 場所
50m 5秒71 2010年3月5日
2012年2月14日
フランス, リエヴァン
60m 6秒55 2010年2月13日 フランス, オービエール
100m 9秒92(+2.0) フランス記録 2011年7月29日 フランス, アルビ
200m 19秒80(+0.8) フランス記録 2011年9月3日 韓国, 大邱
4×100m 38秒11 2010年8月1日 スペイン, バルセロナ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年:9秒97、2011年:9秒92
  2. ^ 19秒80
  3. ^ « Lemaitre sans accent circonflexe » : article Lemaitre, enfant du paradis in Le Républicain Lorrain.
  4. ^ Novi Sad 2009 - 100m Final Christophe Lemaître 10.04 EJR - YouTube
  5. ^ 200m Christophe Lemaitre World Champion junior Bydgoszcz - YouTube
  6. ^ European Athletics Rising Star Lemaître now looking at new challenges . European Athletics (2009-09-30). Retrieved on 2009-10-02.
  7. ^ Vazel, Pierre-Jean (2010-05-25). a white man ran under 10 seconds for the first timeWorld leading 17.63 for Tamgho - 10.03PB for Lemaitre - French Club Champs report. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  8. ^ Minshull, Phil (2010-06-20). Chambers flies to 9.99, Russia hold pole position – European Team Champs, Day 1. IAAF. Retrieved on 2010-06-21.
  9. ^ Boucey, Bertrand (2010-07-09). Lemaitre first white man to run 100m in under 10 seconds REUTERS. 2010年7月10日閲覧。
  10. ^ French sprinter breaks 10-second barrier in 100m dash France24(2010-07-10). 2010年7月10日閲覧。
  11. ^ ルメートルが9秒95で優勝/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2011-6-19). 2014年7月19閲覧。
  12. ^ ルメートル 自身の国内記録を更新する9秒92! スポニチ Sponichi Annex (2011-7-30) 2014年7月19日閲覧。
  13. ^ ボルトは0秒104前に反応/世界陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2011-8-30). 2014年7月19閲覧。
  14. ^ ルメートル フランス新記録の19秒80で3位に スポニチ Sponichi Annex (2011-9-3) 2014年7月19日閲覧。
  15. ^ 男子100はルメートルが優勝/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2012-6-29). 2014年7月19閲覧。
  16. ^ 唯一の白人・ルメートルは6位「ジャマイカ強すぎ」 朝日新聞デジタル (2012-8-10) 2014年7月19日閲覧。
  17. ^ Lavillenie, Vicaut and Billaud shine at French Championships IAAF (2013-7-15) 2014年7月19日閲覧。
  18. ^ Report: Men’s 100m semi-finals – Moscow 2013 IAAF (2013-8-11) 2014年7月19日閲覧。
  19. ^ Lemaitre ambitious for 2014 ヨーロッパ陸上競技連盟 (2014-1-14) 2014年7月19日閲覧。
  20. ^ 4×200mリレー決勝リザルト IAAF 2014年7月19日閲覧。
  21. ^ 陸上競技社 編(2014):171ページ

参考文献[編集]

  • 陸上競技社 編『月刊陸上競技 2014年10月号』陸上競技社・講談社、平成26年10月1日発行、9月13日発売、282p.

外部リンク[編集]