ユン・ピョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユン・ピョウ
元 彪
Yuen Biao
本名 夏令震
別名義 Bill Yuen
Jimmy Yuen
Jim Yuen
彪哥
彪叔
阿彪
生年月日 1957年7月26日(57歳)
出生地 香港の旗 香港
国籍 カナダの旗 カナダ
民族 漢族
血液型 O型
職業 俳優殺陣師監督製作
活動期間 1966年 -
配偶者 彭秀霞(ディディ・パン) 
著名な家族 長女、長男
公式サイト 元彪 騰訊微博
主な作品
モンキーフィスト猿拳
チャンピオン鷹
蜀山奇傅 天空の剣
プロジェクトA
スパルタンX
検事Mr.ハー/俺が法律だ
サイクロンZ
孔雀王
タイム・ソルジャーズ~愛は時空(とき)を超えて~
オン・ザ・ラン/非情の罠
無問題2
詠春
プロジェクトBB
通天幹探
十二金錢鏢

ユン・ピョウ元 彪、Yuen Biao、1957年7月26日-)は、香港のアクション俳優


経歴・人物[編集]

出生からブレイクまで[編集]

両親は中国江蘇省南京の出身で、第二次世界大戦前に香港へ移住。香港・九龍の青山道の家に生まれる。兄1、姉3、本人、妹3人の8人兄弟の5番目。

京劇好きの父が毎日のようにユン・ピョウをサモ・ハン・キンポージャッキー・チェンが出演している舞台に連れて行っていたため、すっかり京劇が気に入っていた。そのため父の勧めで5歳で香港・九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)にあった中国戯劇学院に入学。学内でも特に優秀な子供を集めた「七小福」(zh)の最年少メンバーに選ばれ「元彪」の芸名を貰う。同じく七小福のメンバーであったサモ・ハン・キンポーやジャッキー・チェン、ユン・ワーユン・チウ[1]ユン・ケイらとともに10年間に渡り于占元から北方の京劇を学んだ。 ハンサムだったため学院内の女子生徒や一般の女の子から非常に人気があった、とサモ・ハン・キンポーが述懐している。

その後映画の道に進み、14歳からエキストラやスタントマンで現場に行くが、他の兄弟子達に比べて小柄だったために「子どもは向こうへ行きなさい」と監督らに言われる。そのため手近にあった炭のようなものを顎の周辺に塗って、遠くからなら髭が生えているように見せかけて仕事をもらった[1]ブルース・リーの映画には七小福の兄弟子たちと端役ながら『ドラゴン怒りの鉄拳』、『ドラゴンへの道』、『燃えよドラゴン』に出演。 後に武術指導などをつとめ、ブルース・リーが撮影期間中に急逝し未完となっていた『死亡遊戯』では監督を引き継いだサモ・ハン・キンポーにユン・ワーと共に起用され、ブルース・リーの足技や、体格が似ていたため彼のオートバイ・アクションのスタントをつとめた。 中国戯劇学院出身者が多い元家班やサモ・ハン・キンポーのスタント・武術指導チームの洪家班でも活躍。ジャッキー・チェンの吹き替えスタントをはじめ、アクションのできない男優や、小柄な身体を生かして女優の吹き替えスタントも多数つとめているため、海外では『ダブリング・キング』の愛称がある[2]

映画の世界は厳しく、本人は三流の俳優になるよりも堅実そうに思えた武術指導で一流になることを目指し、裏方に進んだその後にチャンスがあれば監督になるつもりだったが、「お前は顔がいいから武術指導より役者に向いている」というサモ・ハン・キンポーの勧めで『モンキー・フィスト 猿拳』に主演で本格デビューを果たし、『ユン・ピョウINドラ息子カンフー』『プロジェクトA』や『スパルタンX』で一躍スターとなる。

身体能力[編集]

身軽で素早いアクション[3]と華麗な足技で有名。その足技はブルース・リーに似ていたため『死亡遊戯』でスタントを務めることになった。左脚の後ろ回し蹴りが得意技。13歳の時には小さなテーブルを3段重ねた上で連続バク転を30回した[4]。1987年の香港の亜洲電視ATV)のミス・アジアコンテストの舞台の『イースタン・コンドル ショー(Eastern Condors Show)』内では連続12回を披露。2012年2月22日放送の安徽衛視のトーク番組「非常静距离」では、司会者に請われて54歳でバク転を披露した。

呼び名[編集]

90年代半ば頃から出演作がアクションからカンフーに回帰しだし、特にテレビドラマでは10シリーズのうち『少林七傑』、『リアル・カンフー 佛山詠春伝★公式サイト 、『詠春』をはじめ9本までがカンフー作品となり、映画では2010年『 イップ・マン 誕生』で詠春拳で有名なイップ・マン(葉問)の師匠役 、2011年『マイ・キングダム』では武芸に長けた京劇の師匠役、2012年『TAICHI/太極 ヒーロー』では後に楊式太極拳の始祖となる楊露禅と御前で最終対戦する役になったため、名前の前に付けられる呼称が「カンフー(功夫)」や「武術(武术)」、または「武打」を冠した物が多くなってきた。 國際武打巨星元彪(国際カンフーアクション ビッグスター ユン・ピョウ)[5]、 功夫巨星元彪(カンフービッグスター ユン・ピョウ)、超级巨星元彪[6]、 一代武术巨星[7]、 一代功夫巨星[8]、 武打巨星、一代武打明星、一代香港動作巨星元彪[9]など。

来日[編集]

1984年7月14日に『五福星』のキャンペーンの一環で、東京・武道館にてサモ・ハン・キンポーやジャッキー・チェンと3人でコンサートを開いて満席にした事や、近藤真彦とのカーレースへの参加、『落陽』のキャンペーンで来日時に当時の首相・竹下登に面会した事、ユニセフの募金活動で香港代表として出席し、ペレや当時ソ連のゴルバチョフ大統領に会って握手した事、そして日本でジャッキー・チェンと人気を二分していた事などは、中華圏では非常によく知られている。

武道館のコンサートで谷村新司の昴を歌ったのを聞いた映画関係者がユン・ピョウのレコードデビューを計画。『チャンピオン鷹』の主題歌を歌う事になり、1985年2月6日大阪・毎日ホール、徹夜組が出た2月11日東京・後楽園ホールにて『チャンピオン鷹公開記念 ユン・ピョウ オンステージ』でお披露目。その際に同行し、ステージでアクションの相手をつとめたのがユン・ワー、ユン・モウチン・カーロウ

1987年3月14日に東京・国立競技場でチャリティー・イベントのサッカーの試合『ザ・ドリームカップ』に参加。ユン・ピョウが選手宣誓。香港チームはマイケル・ホイラウ・カーウィンアラン・タムエリック・ツァンナタリス・チャン(ナット・チャン)、ケニー・ホーサイモン・ヤム、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、チャン・コッキョンビリー・ロウアンディ・ラウなど。応援にアニタ・ムイ。日本チームは明石家さんま、とんねるず木梨憲武島崎俊郎植草克秀、望月三起、釜本邦茂、カルロス・ニコトラ、杉山隆一、千野圭一など。2−3で日本チームの勝ち。 前日13日のレセプション・パーティーには政府閣僚や著名人が多数来場。当時の文部大臣・塩川正十郎を始めとし、川内康範大島渚小山明子などが出席。

1988年3月26日第2回'88『ザ・ドリームカップ』。冷雨の中9時頃からファンがつめかけ、12時半キックオフ。香港チームはチャーリー・チャン、マイケル・ホイ、アラン・タム、エリック・ツァン、ナタリス・チャン(ナット・チャン)、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウなど。日本チームはたけし軍団ビートたけし(北野武)、そのまんま東(現:東国原英夫)、松尾伴内ラッシャー板前井手らっきょ、とんねるず木梨憲武など。1−2で日本チームの勝ち。

1989年3月11日沖縄コンベンションセンター劇場にてPAX MUSICA'89 IN OKINAWA​に参加。出演者は谷村新司、チョー・ヨンピルワン・ジェ喜屋武マリーなど。

1989年仙台でフジテレビ主催のチャリティーの国際カーレースに参加。イー・トンシンチョウ・ユンファアラン・タムシン・フィオン、アンディ・ラウ、チン・シウホウ、チン・カーロウ、応援にマギー・チャン、チョウ・ユンファの妻の陳薈蓮、チン・シウホウの妻の郭秀雲、ロレッタ・リー、ユン・ピョウの妻の彭秀霞、アニタ・ムイなど [10][11][12]

1998年6月6日大阪・泉佐野市の泉の森ホールにて大阪国際シネマドリーム'98 いずみさの映画祭で、出演作品『暗黒街 若き英雄伝説』のゲスト。同時ゲストは『夢翔る人/色情男女』に出演のスー・チー。舞台から客席へ向けて2人がサインボールを投げてプレゼント。

2002年2月9日『無問題2』の舞台挨拶で監督のチン・カーロウ、共演者サム・リーと共に来日。9:30渋谷東急、11:00新宿シネマミラノ。

自社[編集]

1986年 自分の映画会社、泰禾(タイホーフィルム)で『検事Mr.ハー/俺が法律だ』を製作した。ゴールデン・ハーベストが独立を考え始めたユン・ピョウを引き止めるために出資した会社[13]。その後ゴールデン・ハーベストを離れると共に解散。

邦画出演[編集]

1991年『 バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ第三話「サギるなジャパン」』、1993年『第1回欽ちゃんのシネマジャック「ダライラマの母」』と邦画にも出演し、1988年の『孔雀王』では、三上博史安田成美緒形拳と共演、1990年の『孔雀王アシュラ伝説』では、阿部寛勝新太郎と共演、1992年『落陽』で加藤雅也田村高廣らと共演、2002年の『無問題2』でナインティナイン岡村隆史とも共演している。

活動状況[編集]

2000年前後からは映画出演に加え全40話ほどのテレビドラマへの出演が多くなり、2007年には香港TVBの開局40周年記念連続ドラマ『通天幹探 The Ultimate Crime Fighter』(公式サイト)を刑事役で主演、2014年7月22日から放送された中国初の3D連続テレビドラマ『十二金錢鏢 12MONEY DARTS』(公式サイト)でも主演をつとめ、その他バラエティー番組への出演、企業イメージキャラクターとしての仕事も多数あり、香港・台湾・中国など中華圏で広く現在も俳優として活躍している。

兄弟子らとの関係[編集]

サモ・ハン・キンポーとは現在に至るまで映画では2001年『拳神 KENSHIN』、2010年『イップ・マン 誕生』で共演、2012年『TAICHI/太極 ヒーロー』ではアクション監督と出演者として組み、それ以外のインタビューなどでも一緒であったり[14]、プライベートでも共に香港競馬場に姿を現すが[15]、ジャッキー・チェンとは『サイクロンZ』以降、2000年の『シャンハイ・ヌーン』でカメオ出演、2006年に『プロジェクトBB』にて共演するにとどまっている。が、仲が悪いという訳ではなく、2012年3月のサモ・ハン・キンポーの息子のティミー・ハンの結婚式にジャッキーと共に参列したり[16]、2014年のジャッキーのプライベートな誕生パーティーには参加している。 2005年に『カンフーハッスル』で香港電影金像奨にノミネートされた兄弟子のユン・ワーやユン・チウの演技についてアンソニー・ウォンが「演技が大げさすぎる」など批評した際に蘋果日報の記者にコメントを求められ、「話してる人は演技を知らないんじゃないかな、彼は演技を知ってるの?それぞれの人に自分のやり方があるんだよ」と答えたり[17]、2014年08月22日には18日に北京で大麻の大量所持と陽性反応が出たため警察に拘束されたジャッキー・チェンの息子ジェイシー・チャンの事件についてコメントを求められた時も、「はっきりしていない話なので僕はいまその事についてたくさん話すことはない」としながらも「これは子どもの一時的な過ちだから、皆さんには許してやって欲しいです」と、いつも兄弟子たちをかばう発言をしている[18]

私生活[編集]

プライベートでは『燃えよデブゴン4 ピックポケット!』でアクション指導した時に出演していた彭秀霞と知り合い、初恋の彼女と結婚[19]。 1993年にカナダへ一家で移民しバンクーバーに居を構えるが[20]、ほとんど中華圏で仕事をし、主に香港に長く滞在している。カナダに帰ると家庭的になり、いつも妻と一緒にスーパーマーケットへ行く[21]。 結婚以来スキャンダルが一度も無い[22]。その理由として、「24歳で結婚したのは誰かに自分の面倒をみていて欲しかったから。この世界は誘惑が多いけれど(中略)僕は早く家庭を持ちたかった。家に帰ったらそこに話し合える相手がいるような。ガールフレンドではこんな感覚は味わえない。奥さんはやっぱり奥さんだよな」「うちの奥さんを車に乗せてどこかご飯を食べに行くのでさえ面倒なのに、(女性と噂になるような)そんなことはしない」「香港で撮影する時でも、(カナダにいる)奥さんはずっと安心している。(中略)お互いを信用しているから」とインタビューに答え、サモ・ハン・キンポーやジャッキーの子ども達が芸能界入りしているのに対し、「(息子は)身長も180cmあって(中略)ハンサムだけど、(中略)芸能界に入ってもイケメンは次々と出現するからね」と続けており、娘も息子も芸能界には入れない方針のために2人とも一般の職業に就いている[23]。 趣味はゴルフと競馬観戦。長らくトレードマークであった右頬のホクロは年々大きくなってゆき、2000年頃に「癌に変わってはいけない」というカナダのホームドクターの判断で、診せたその場で麻酔針を使ってえぐり取るように除去され[24]、現在は痕跡を残すのみである。

吹き替え[編集]

日本における吹き替えでは、古谷徹が多くの作品を担当、次に大滝進矢目黒裕一野島昭生などが担当している。


出演作品[編集]

映画[編集]

主演作[編集]

1979年
1981年 
1983年 
1984年
  • スパルタンX 快餐車 Wheels on Meals/Spartan X/Million Dollar Heiress【香】
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
  • 落陽 落陽 Setting Sun/The Setting Sun【日】
  • 香港魔界大戦 西藏小子 A Kid from Tibet【香】
  • 伙頭福星 Shogun and Little Kitchen/Shogun & Little Kitchen【香】(日本未公開)
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1999年
2004年
  • 少年陳真 Hero Youngster/Juvenile Chen Zhen【中】(日本未公開)
  • 赤子拳王 Boxer's Story【香】(日本未公開)
2007年
  • 擊情歲月 別名:生死搏擊 別名:情陷擂台 Fight for Love【香】(日本未公開) 
2010年
  • 功夫大師 別名:功夫大師/少林寺傳奇2 十三棍僧救唐王 Kung-Fu Master【香】(日本未公開)
2014年
  • 殭屍TV La TELE de VAMPIRE【香】(日本未公開)


主演以外の出演作[編集]

1966年
  • 兩湖十八鏢(上集) The Eighteen Darts (Part 1)/Seven Little Tigers【香】(日本未公開)
  • 兩湖十八鏢(下集) The Eighteen Darts (Part 2)/Seven Little Tigers (Part 2)【香】(日本未公開)
1971年
  • 侠女(1971年)【香】
1972年
1973年
  • 燃えよドラゴン 龍爭虎鬥 Enter the Dragon【米・香】 
  • テコンドーが炸裂する時 跆拳震九州 別名:黒拳 When Taekwondo Strikes/Sting of the Dragon Masters/When Tae Kwon Do Strikes/Kickmaster【香】
  • 賊王 Death Blow/Thunderfist【香】(日本未公開)
  • 黃飛鴻 別名:黃飛鴻勇破烈火陣 The Master of Kung Fu/Death Kick/Wong Fei-Hung/Shaolin Death Kicks【香】(日本未公開)
  • 空手ヘラクレス 碼頭大決鬥 別名:碼頭小子 別名:碼頭風雲 Freedom Strikes a Blow/Chinese Hercules/The Kid in Pier/A Duel of Harbour【香】
  • 偷渡客 The Rendezvous of Warriors【香】(日本未公開)
1974年 
  • タイガー・プロジェクト/ドラゴンへの道 序章 廣東小老虎 The Cub Tiger from Kwangtung/Little Tiger from Kwantung/Little Tiger of Canton【香】
  • 暗黒街のドラゴン・電撃ストーナー 鐵金剛大破紫陽觀 Stoner/Shrine of the Ultimate Bliss/A Man Called Stoner【香】 
  • ザ・トーナメント 中泰拳壇生死戰 The Tournament【香】
  • 猛虎鬥狂龍 別名:跆拳龍虎鬥 The Big Showdown/Kung Fu Massacre【香】(日本未公開)
  • ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳 廣東小老虎 別名:刁手怪招 The Cub Tiger from Kwangtung/Little Tiger from Kwantung/Little Tiger of Canton/Master with Cracked Fingers/Snake Fist Fighter/Ten Fingers of Death/Marvellous Fists/The Cub Tiger from Kwang Tung/Master with Crack Fingers【香】
  • 四王一后 Supermen Against the Orient/Three Supermen Vs The Orient/Crash! Che botte…/Three Fantastic Supermen in the Orient【香】(日本未公開)
  • 洋妓 Virgins of the Seven Seas/Virgins of the 7 Seas/The Bod Squad/Enter the Seven Virgins【香】(日本未公開)
  • 狼狽為奸 Wits to Wits/From China with Death/Dirty Partners/Duel of Dragons【香】(日本未公開)
  • 巴黎殺手 Paris Killers/Paris Killer【香】(日本未公開)
  • 小霸王 Super Kung Fu Kid/Hong Kong Cat Named Karado/Superior Youngster/Karado, the Hand of Death【台】(日本未公開)
1975年
1976年
1977年
  • 神腿鐵扇功 Snuff-Bottle Connection【台】(日本未公開)
  • 必殺!少林寺武芸帳 四大門派 別名:武林煞星 The Shaolin Plot【香】(TV放映)
  • 破戒 破戒 Broken Oath【香】
  • 被迫 別名:精武指 Last Strike/Soul Brothers of Kung Fu/Kung Fu Avengers/Incredible Dragon/Tiger Strikes Again【香】(日本未公開)
  • 三少爺的劍 Death Duel【香】(日本未公開)
  • 大武士與小票客 別名:大武士與小鏢客 Hero of the Wild/Heroes of the Wild/Heroes of Shao Lin/Heroes of Shaolin/Great Teacher【台】(日本未公開)
  • 白玉老虎 Jade Tiger【香】(日本未公開)
  • 陰陽血滴子 The Fatal Flying Guillotines【香】(日本未公開)
  • 鷹爪鐵布衫 The Invincible Armour/Invincible Armor【香】(日本未公開)
  • 俏探女嬌娃 別名:女神探 Deadly Angels/Bod Squad/Alias: Women Detectives【香】(日本未公開)
  • 絕不低頭 To Kill a Jaguar【香】(日本未公開)
  • 南拳北腿鬥金狐 The Secret Rivals, Part II/The Secret Rivals - Part 2/Secret Rivals 2: Revenge of the Gold Fox【香】(日本未公開)
1978年
1979年
1980年  
1981年
1983年 
  • 霊幻師弟 人嚇人 人嚇人 The Dead and the Deadly【香】
  • 五福星 奇謀妙計五福星 Winners and Sinners/Winners & Sinners/Five Lucky Stars【香】
1984年
1986年
1989年 
  • 奇蹟/ミラクル 奇蹟 Mr. Canton and Lady Rose/Miracles/Canton Godfather/Black Dragon【香】
1990年
1991年 
1996年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2006年 
2007年
2009年  
  • Laughing Gor之變節 Turning Point/Laughing Gor - Turning Point【香】(日本未公開)
2010年
2011年
2012年


テレビドラマ[編集]

1995年
  • 中原鏢局 別名:今世情仇 別名:天地英豪 全46話【台】(日本未公開)
1998年
  • 江山美人 別名:泣血江山 別名:屠龍英雄 別名:無名火 全53話【台】(日本未公開)

  ★公式サイト

  • 中華児女英雄伝 全40話【台】(日本未公開)
2000年
2005年

  ★公式サイト

2007年

  ★公式サイト

  ★公式サイト

2008年
  • 少林寺伝奇2 〜十三棍僧〜 別名:少林寺傳奇2 十三棍僧救唐王 別名:少林寺傳奇之十三棍僧救唐王 別名:少林寺傳奇 第二部 13 Cudgel Monks/Legend of Shaolin Kung Fu 2 全50話【中】(日本未公開)
2012年
  • 詠春傳奇 全30話【中】(日本未公開)
2013年 
  • 十二金錢鏢 12MONEY DARTS 全33話【中】(日本未公開)2014年7月22日放送開始

  ★新浪ウェイボ微博内の公式サイト


製作[編集]

1986年
1992年
1993年


監督[編集]

1992年


アクション・武術指導[編集]

1977年
  • 大武士與小票客 別名:大武士與小鏢客 Hero of the Wild/Heroes of the Wild/Heroes of Shao Lin/Heroes of Shaolin 【台】(日本未公開)
1978年
1979年
  • 燃えよデブゴン9 醒目仔蠱惑招 別名:肥龍功夫精 The Incredible Kung Fu Master/The Kung Fu Master/They Call Me Phat Dragon 【香】(TV放映)
1980年
1981年

 ★香港電影金像獎 第2回 ベストアクション指導受賞★

1982年

 ●香港電影金像獎 第3回 ベストアクション指導ノミネート

1983年

 ★香港電影金像獎 第3回 ベストアクション指導受賞★

  • 五福星 奇謀妙計五福星 Winners and Sinners/Winners & Sinners/Five Lucky Stars【香】
1984年
  • Treasure Hunters【香】
1985年
  • 七福星 夏日福星 Twinkle Twinkle Lucky Stars/The Target【香】
  • 時來運轉 Those Merry Souls【香】(日本未公開)

 ●香港電影金像獎 第5回 ベストアクション指導ノミネート

 ●香港電影金像獎 第5回 ベストアクション指導ノミネート

1986年

 ●香港電影金像獎 第6回 ベストアクション指導ノミネート

1987年

 ●香港電影金像獎 第7回 ベストアクション指導ノミネート

1989年

 ●香港電影金像獎 第9回 ベストアクション指導ノミネート

1992年
  • 香港魔界大戦 西藏小子 A Kid from Tibet【香】
  • 落陽 落陽 別名:上海大亨杜月笙 Setting Sun/The Setting Sun【日】
1993年
2000年
2002年
  • 無問題2 無問題2 No Problem 2【日・香】


オマージュ・リメイクされた映画[編集]

2001年
2014年


ビデオ[編集]

  • ヤングチャンピオン ユン・ピョウ(1985年)東映【日】


レコード・CD・カセット[編集]

武道館のコンサートで昴を歌ったのを聞いた映画関係者がユン・ピョウのレコードデビューを計画。『CHAMPION AT HEART』を『チャンピオン鷹』の日本版の主題歌として歌う事になった。この時の事についてユン・ピョウ自身は、「僕たちが映画の宣伝に行くと日本側が主題歌を歌うように要求してきたんだ。ゴールデン・ハーベストはこんな要求はできなかった。香港人が日本でレコードを出すのは僕が早い方で、その時はジャッキーと僕とテレサ・テンジュディ・オングぐらいで、サミュエル・ホイも出してなかった。日本人はマルチタレントが好きで、歌えて踊れて演技ができるのがいいからだ」と2013年3月の香港電影資料館のインタビューに答えている[25]

1987年の『YOU CAN BELIEVE』は『蜀山奇傅 天空の剣』の主題歌。 ファースト・アルバムの楽曲提供は作曲が芳野藤丸陣内孝則佐藤準。作詞がGregory Starr、高橋研、Linda Hennrick。スティービー・ワンダーの『I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU(心の愛)』もカバーし、全8曲でそのうち英語の曲が5曲、日本語のものが3曲。 セカンド・アルバムの楽曲提供は作曲が井上ヨシマサ、高橋研、天野音彦、甲斐正人根岸孝旨。作詞がthe band it、高橋研、岩里祐穂いとうせいこう、文井一、天野音彦。全9曲で英語の曲が『YOU CAN BELIEVE』の1曲のみで、あとは日本語の曲が7曲、広東語の曲が1曲と、ファーストアルバムに比べほとんどの曲が日本語の曲になった。

  • チャンピオン鷹 EP(1985年1月21日)キャニオン・レコード【日】
  • チャンピオン鷹 カセット(1985年1月21日)ポニー【日】
  • チャンピオン鷹 サウンド・トラック LP(1985年)キャニオン・レコード【日】
  • チャンピオン鷹 サウンド・トラック カセット(1985年)ポニー【日】
  • 元彪 ユン・ピョウ ファースト・アルバム LP(1985年)キャニオン・レコード【日】
  • 元彪 ユン・ピョウ ファースト・アルバム カセット(1985年)ポニー【日】
  • 大福星 ユン・ピョウのすべて THEMES FROM THE MOVIES STARRING YUEN BIAO LP(1985年10月21日)ビクターエンタテインメント【日】
  • 大福星 ユン・ピョウのすべて THEMES FROM THE MOVIES STARRING YUEN BIAO CD(1985年10月21日)ビクターエンタテインメント【日】
  • YOU CAN BELIEVE EP(1987年)キャニオン・レコード【日】
  • FROM FAR EAST LP(1987年)キャニオン・レコード【日】
  • FROM FAR EAST CD(1987年)キャニオン・レコード【日】
  • 魔訶路婆拏 孔雀王 オリジナルサウンド・トラック CD(1988年) ポニーキャニオン【日】


本・写真集・雑誌[編集]

  • MOVIEコミックス ヤングマスター 師弟出馬 秋田書店
  • MOVIEコミックス プロジェクトA (1984年)秋田書店
  • MOVIEコミックス 五福星 (1984年)秋田書店
  • 武道館プログラム(1984年7月14日)東映
  • ジャッキーチェン主演10周年記念映画プロジェクトA特集号(1984年9月1日)近代映画社 雑誌コード05406-3
  • MOVIEコミックス スパルタンX(1984年12月)秋田書店
  • 講談社X文庫 ジャッキー・チェンのスパルタンX 映画ストーリーブック(1984年12月)講談社
  • 集英社文庫 スパルタンX ジャッキーチェン シネマ・グラフィティ(1984年12月)集英社
  • 宇宙船文庫 スパルタンX ジャッキー・チェン(1984年12月20日)朝日ソノラマ
  • 香港電影百科 『燃えよドラゴン』から『スパルタンX』まで 香港・映画&スターのすべて シネアルバム110(1984年)芳賀書店
  • よろしく 元彪 こどもポケット百科スペシャル(1985年1月15日)実業之日本社 雑誌コード63912-29
  • まるごと一冊 ユン・ピョウ100% Part1(1985年2月25日)立風書房 ISBN4-651-15036-5
  • ユン・ピョウ大百科(1985年3月1日)ケイブンシャ
  • シネ・コミックス 「チャンピオン鷹」(1985年3月10日)立風書房 ISBN 4-651-04601-0
  • デラックスカラーシネアルバム 17 ユン・ピョウ 元彪(1985年3月10日)芳賀書店 ISBN 4-8261-0517-7
  • ユンピョウ ヤング・アイドル・ナウ別冊号(1985年3月15日)勁文社 雑誌コード68843-22
  • ヤングセレクション 大福星写真集 ジャッキーチェン ユンピョウ(1985年7月15日)実業之日本社 雑誌コード63912-38
  • パノラマ シティ(1985年8月1日)学研 雑誌コード17521-8
  • ユン・ピョウ 純情 マイ・ハート(1985年8月1日)勁文社 ISBN 4766904176 ISBN 978-4766904178
  • ユンピョウ2 ヤング・アイドル・ナウ別冊号(1985年8月5日)勁文社 雑誌コード68843-29
  • まるごと一冊 ユン・ピョウ Part2 MY BIRTHDAY(1985年8月)立風書房 ISBN 4-651-15040-3
  • 香港映画スペシャル スクリーン特編版(1985年9月15日)近代映画社 雑誌コード65429-19
  • ヤング・アイドル・ナウ別冊号 大福星 ジャッキー・チェン ユン・ピョウ ハン・キンポー(1985年)ケイブンシャ
  • ジャッキーチェン スパルタンX 特集号(1985年)近代映画社
  • 天空の剣 変幻 ユン・ピョウ(1987年4月24日)実業之日本社 ISBN 4-408-39337-1
  • ファンロード ユンピョウだ北斗だ(1987年5月)ラポート
  • アニメージュ増刊 ZIP! ヤング映像メディア誌 ジップ 香港映画特集号(1987年7月20日)徳間書店 雑誌コード01578-7
  • スクリーン特別編 ジャッキーチェン プロジェクトA2特集号(1987年8月25日)近代映画社 雑誌コード65429-34
  • ジャッキー・チェン サイクロンZ(1988年)実業之日本社 雑誌コード63901-29
  • ポニーキャニオン 香港エンターテイメント新聞 SPECIAL TABLOID 孔雀王(1987年12月2日)ポニーキャニオン
  • 無問題2 取扱説明書(2002年2月9日)ぴあ ISBN 4835600347 ISBN 978-4835600345


ゲーム[編集]


日本の芸能人との関わり[編集]

親交の深い人[編集]

ファン[編集]

  • 唐沢寿明 2014年9月6日 日本テレビの『嵐にしやがれ』番組内で、香港アクション映画好きでブルース・リー、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウが自身の三大スターと語った[27][28][29]
  • 中田圭 監督デビューする前は香港映画界で働いていたため[30]、監督になる事をユン・ピョウに告げると喜ばれた[31]
  • ナインティナイン岡村隆史 ファンだったので『無問題』のサモ・ハン・キンポーに続き、ユン・ピョウに『無問題2』への出演を依頼。『今回は、憧れのアクションスターであるユン・ピョウとの共演シーンがたっぷりある。「バリバリ緊張でとにかく間違えたらあかんと思いまして、それでも、かなりNGを出してしまいまして。夢のようなシーンでした」と。』[32]
  • 南北 2013年夏から本格的にのめり込みだし、ユン・ピョウの誕生日イラストをはじめ多数描き[33][34][35]、プロフィールに「あと香港映画とユンピョウファン。」[36]
  • 斉藤工 ジャッキー・チェンの映画『 新宿インシデント 』に出演したが、その時の想い出とともにブログに「実はユン・ピョウが一番好きだった」と書き綴ったくだりがある[37]


参考文献[編集]

  • 『ユン・ピョウ 元彪 デラックスカラーシネアルバム 17 』芳賀書店(1985年3月10日)ISBN 4-8261-0517-7
  • 『天空の剣 変幻 ユン・ピョウ 』実業之日本社(1987年4月24日)ISBN 4-408-39337-1
  • 『香港アクションスター交友録』洋泉社 (2004年6月) ISBN 4896918258 ISBN 978-4896918250
  • 『七小福五十周年 少年出英雄』七小福・七小福五十周年製作委員会 責任編集・陳泰 明報出版社(2009年11月)ISBN 978-988-8026-14-2
  • 『展影 Pro Folio 67 奇謀闊歩 萬像嘉禾 The Cinematic Matrix of Golden Harvest』香港電影資料館・康樂及文化事務署 発行(2013年3月)
  • 『通訊 Newsletter 64』香港電影資料館 発行(2013年5月)


関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 2012年2月22日放送 安徽衛視のトーク番組 非常静距离で発言
  2. ^ Twitter (2014年4月15日). “NEW TRIBUTE VIDEO I MADE FOR YUEN BIAO (DOUBLING KING)” (英語). 2014年9月7日閲覧。
  3. ^ 互動百科 (2014年8月23日). “元彪 个人评价” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  4. ^ 2012年2月22日放送 安徽衛視のトーク番組 非常静距离で発言
  5. ^ TVB (2005年10月24日). “佛山贊師父” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  6. ^ 慧聪涂料网 (2010年2月4日). “功夫巨星元彪签约代言多润斯漆” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  7. ^ 中国铝业网 (2013年4月19日). “元彪倾情代言马岛卫浴,传承一代真功夫” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  8. ^ 中国铝业网 (2013年4月19日). “元彪倾情代言马岛卫浴,传承一代真功夫” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  9. ^ Xuite電影專區 (2012年10月24日). “《太極2》元彪 袁曉超 兩代武打巨星對打超精采” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  10. ^ 蘋果日報 (2008年1月2日). “港產三套車日本養眼 非常杜:曼玉、小寶激情狂飆” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  11. ^ 那些年……阿郎的故事! (2012年2月12日). “那些年……阿郎的故事!” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  12. ^ 澳門日報 (2011年3月15日). “回想仙台之旅不勝唏噓” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  13. ^ 『通訊 Newsletter 64』香港電影資料館 発行(2013年5月)11頁
  14. ^ 中国国际广播电台国际在线 (2011年9月14日). “洪金寶元彪無奈動作片現狀:不想自己孩子練武” (普通話し). 2014年8月28日閲覧。
  15. ^ 蘋果日報 (2013年1月27日). “周家蔚聽日生B 今日仲入馬場” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  16. ^ 蘋果日報 (2012年3月22日). “群星賀洪金寶娶新抱” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  17. ^ 蘋果日報 (2005年3月26日). “元彪撐元秋:秋生識做戲咩?” (広東語). 2014年8月25日閲覧。
  18. ^ 蘋果日報 (2014年8月22日). “元彪趙雅芝 齊聲俾機會同空間房祖名” (広東語). 2014年8月25日閲覧。
  19. ^ 捜狗百科 (2014年8月22日). “10 个人评价” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  20. ^ 捜狐博客 (2007年11月23日). “大话元彪:闯嘉禾功成名就 组公司行差踏错” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  21. ^ Baidu空間 (2008年2月27日). “留言集 男人五十打功夫 元彪「一個女人已夠煩:回到加拿大,他就變成family man,經常陪老婆行超市。」” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  22. ^ 互動百科 (2014年8月23日). “元彪 个人评价” (普通話). 2014年8月23日閲覧。
  23. ^ Baidu空間 (2008年2月27日). “留言集 男人五十打功夫 元彪「一個女人已夠煩:「返香港拍戲,老婆一直放心,因為我檢點,佢唔會搵我唔到,唔會俾佢有懷疑空間。信心,係要互相俾。」「初初梗覺得佢靚,睇耐咪又係咁,遲早實有更多靚仔出現。」” (広東語). 2014年8月23日閲覧。
  24. ^ 2012年2月22日放送 安徽衛視のトーク番組 非常静距离で発言
  25. ^ 『通訊 Newsletter 64』香港電影資料館 発行(2013年5月)10ページ
  26. ^ 『香港アクションスター交友録』洋泉社 (2004年6月)139ページ参照
  27. ^ Twitter (2014年9月7日). “唐沢寿明の原点は香港映画。三大スターはブルース・リーとサモ・ハン・キンポーとユンピョウとのこと。” (日本語). 2014年9月7日閲覧。
  28. ^ Twitter (2014年9月6日). “日本テレビ、嵐にしやがれ。唐沢寿明は香港アクション映画が好き。” (日本語). 2014年9月7日閲覧。
  29. ^ Twitter (2014年9月6日). “なぜ唐沢さんの尊敬する3人がブルース・リーとサモハンとユン・ピョウ??” (日本語). 2014年9月7日閲覧。
  30. ^ うずまき中華 (1998年6月6日). “大阪国際シネマドリーム いずみさの映画祭'98 ユン・ピョウ、シュウ・ケイ登場!!” (日本語). 2014年8月23日閲覧。
  31. ^ Twitter (2014年2月1日). “中田圭” (日本語). 2014年8月19日閲覧。
  32. ^ CINEMA TOPICS ONLINE (2002年2月21日). “今度の岡村はアクションもモウマンタイ!『無問題2』舞台挨拶には香港からあの人も” (日本語). 2014年8月19日閲覧。
  33. ^ Twitter (2013年7月26日). “おめユンピョウ56歳” (日本語). 2014年8月25日閲覧。
  34. ^ Twitter (2014年3月1日). “春麗VSユンピョウ 春麗誕生日おめでとう(間に合わなかった” (日本語). 2014年8月25日閲覧。
  35. ^ Twitter (2014年7月26日). “26日はユンピョウ誕生日だよドンツクドン(獅子舞 現在放映中の主人公の師匠役やってるドラマと吹き替え版が待ち遠しいヤングマスター” (日本語). 2014年8月19日閲覧。
  36. ^ Twitter (2013年7月7日). “南北” (日本語). 2014年8月25日閲覧。
  37. ^ 斎藤工務店 (2009年2月22日). “【 JACKIE☆CHAN 】” (日本語). 2014年8月19日閲覧。


外部リンク[編集]