1967年バレーボール女子世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1967年バレーボール女子世界選手権
開催国  日本の旗 日本
期間  1月26日 - 1月28日
チーム数  4
優勝   日本 (2回目)
前回
次回

1967年バレーボール女子世界選手権は、1967年1月26日から1月28日まで日本で開催された女子バレーボール世界選手権(第5回)である。試合会場は日本武道館。開催国の日本が優勝した。

概要[編集]

1966年に開催予定だったがペルー、メキシコが相次いで開催地を返上したため、1年ずらして日本での開催が決まり、男女通じてアジア初開催となった。出場国は当初日本ソ連ポーランド中国東ドイツアメリカチェコスロバキア韓国ハンガリー北朝鮮ペルーの11カ国の予定であった。しかし、開催の直前になり、北朝鮮と東ドイツが国名の呼称に関して日本に抗議をし、結局ソ連をはじめとする共産主義諸国7カ国が大会をボイコットしてしまった。

日本代表は国内大会で、ユニチカを破って代表権を手に入れたヤシカを中心としたチームが出場した。日本は3戦3勝のストレート勝ちで優勝した。

大会はNETテレビ(現:テレビ朝日)が中継した。

大会結果[編集]

 1967年女子世界選手権優勝 

日本
2大会連続2回目
順位
Flag of the United States.svg アメリカ
Flag of South Korea.svg 韓国
4 Flag of Peru.svg ペルー