アラン・ラドキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・ラドキンAlan Rudkin1941年11月28日 - 2010年9月22日)は、イギリスの元プロボクサー

人物[編集]

1941年11月28日、イギリスの北西部マージーサイド州の工業都市:リヴァプール出身。

1962年5月15日に地元リヴァプールでプロデビュー戦(6回戦)を行い、ディッキー・ハンナに2回KO勝ち。プロ2戦目でTKO負けを喫した後は勝ち続け、1965年3月22日ノッティンガム英連邦バンタム級王座に挑戦、ジョニー・コードウェルアイルランド)に10回KO勝ちして英連邦王者となる。

1965年11月30日日本に遠征し、東京日本武道館にて、ファイティング原田笹崎ボクシングジム)が保持する世界バンタム級王座に挑戦。試合は15回をフルに戦ったが、原田の前に判定で敗れて世界王座獲得は成らなかった。

その後、1969年3月にライオネル・ローズ豪州)、同年12月にルーベン・オリバレスメキシコ)を相手に世界バンタム級王座に挑戦したが、ローズに判定負け、オリバレスに2回TKOで敗れて王座獲得は成らず。3度の世界挑戦はいずれも敵地での試合であった。

1972年1月25日にジョニー・クラーク相手に英連邦バンタム級王座の防衛戦を戦い、15回判定勝ちで王座を防衛。この試合を最後に現役を引退した。

2010年9月22日、リヴァプールにて逝去[1]。68歳没。

戦績[編集]

  • 50戦42勝(15KO)8敗

脚註[編集]

外部リンク[編集]