ブランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランコ
向かい合いブランコを漕ぐ少女たち

ブランコは、座板を支柱や樹木からなどで水平に吊るした構造の遊具。揺動系遊具に分類される[1]

概説[編集]

ブランコはポピュラーな遊具の一つで、公園小学校運動場などに備え付けられていることが多い。

鞦韆秋千、しゅうせん)ともいう。「鞦」「韆」はそれぞれ1文字でもブランコの意味を持つ。「鞦韆」は今でこそブランコの意味を持つが、古くは中国で宮女が使った遊び道具(性具)をさす。いまのブランコとは少し違い飾りがたくさんついており、遊戯中、裾から足が見えて、皇帝が見ていて運よく夜伽に呼ばれる可能性から艶かしいイメージを持たれていた。北宋の文人、蘇軾の漢詩「春夜」にも鞦韆が出てくることから、性行為の過程を詠んだという解釈もある。

雅語は「ふらここ」。「ぶらんこ」の語源については擬態語「ぶらり」「ぶらん」などから来たとする説や、ポルトガル語の balanço (バランソ、英語のバランス、swing スイングの意もある)、もしくはBlanco(ブランコ、色)から来たとする説などがある。なお、ポルトガル語版での対応項目タイトルは「Balanço」、フランス語版では「Balançoire」となっている。

日本へは古く中国から伝わったとされ、樹木や梁から吊り下げたものであった[2]嵯峨天皇の詩に詠まれ、また、『倭名類聚抄』にも記述がみられる[3]。「ぶらんこ」と呼ばれるようになったのは江戸時代になってからとされる[4]

サーカスなどの曲芸には空中ブランコという独特なブランコが使われる。非常に高い位置から2条の紐が降りていてその先に細長い棒のようなものがあるだけである。一般のブランコの紐を長くし台を極限まで小さくしたものと解してよい。英語では、遊具のブランコは swing、空中ブランコは trapeze と呼ぶ。

種類[編集]

一方向ブランコ[編集]

座板を2本の鎖で支柱から吊り下げる構造をもつ最も一般的なもので通常は単に「ブランコ」というが、関連文献などでは他の種類と区別するため「一方向ブランコ」として類型化されることがある[5]。座板の材質・形状については、木製の板状のもの、金属製の椅子状のもの、ゴムやポリウレタン製で腰まですっぽり覆われるバケツ型のものなどがある[6]。ただ、ブランコについては飛び降り時に他の遊具や安全柵と衝突するなどの原因による事故も報告されており、座面の改善や転落への対策等が必要という指摘がある[7]

全方向ブランコ[編集]

ゴム製のタイヤを3本の鎖で支柱から吊り下げる構造をもつもので「タイヤブランコ」もしくは「全方向ブランコ」と呼ばれる[8]

箱ブランコ[編集]

可動部に2人~3人が向かい合って座る構造の4人ないし6人乗りの大型のブランコ。「箱ブランコ」のほか「揺りかご型ブランコ」あるいは「丸ブランコ」などとも呼ばれる[9]

ただ、可動部の重さ、地面との隙間が狭いこと、指や足を挟む隙間が多いなどの問題点が指摘され、1960年代から頭蓋骨骨折や脳挫傷などによる死亡事故の報告例があった[10]、このようなことから全国的に撤去される例が多くなっている。国土交通省管轄の公園においては、2001年には約13000台設置されていたが、2004年には約3600台にまで減少している[9]

遊動円木[編集]

長い座板の両端を鎖で支柱から水平に吊り下げた構造をもつ遊具[11]。遊動円木についても事故の報告があり、座面の材質や可動部の重さが問題点として指摘されている[12]

遊び方[編集]

2本の鎖やロープによってぶら下げられた椅子(踏み台)に乗り振り子の原理を利用し前後にゆらし、踏み台を漕ぐことによって振幅を徐々に大きくすることで振り子運動を楽しんだり高度感を味わったりする。物理学的には、パラメータ励振で説明できる。具体的にいうと立ち乗りで漕ぐときには、最下点付近の遠心力が最も大きくなるあたりで立ち上がり、最上点付近の遠心力が小さなところでしゃがむ運動を繰り返している。

乗り方の例[編集]

以下は一般的なブランコにおける乗り方の例である。

1人乗り[編集]

1人乗り(座り乗り)
座り乗り
最も一般的な乗り方である。ブランコの台にすわり、両足を揺り動かすことによりブランコを動かす。この方法だと後ろから誰かに押してもらうことが容易であるので、力のない者でもブランコを楽しむことが出来るし、また転倒などの危険性が少なく安全性が増す。この方法の欠点は、足が疲れることと足だけでは作り出す振幅に限りがあるため、すぐには高くまでこぐことが出来ないということである。また立ちのりが盛んなブランコだと尻がで汚れることもある。
立ち乗り
ブランコの台に立ったまま乗り、体全体を揺り動かすことによりブランコを動かすというもので、小学校中学年くらいになってからこの方法を取る者が多い。転倒などのリスクはあるが、体全体を使うことで大きな振幅を生むことが出来る為、スリルや自分が高いところにいることを楽しむことが容易である。本来座るべきブランコの台に土足で立って乗るのは、座り乗りで前述したような迷惑に繋がるという批判もある。

2人乗り[編集]

2人立ち乗り
乗る人をA・Bとすると、Aが大きく足を広げてブランコの台に立って乗りBがAとは逆の方向にAの股の間に足を置いて乗るという説明が出来る。この方法で高さなどを楽しむのはほぼ不可能である。親密な関係にあるもの(カップルなど)が好む傾向にある。なおこの方法では足場が極端に狭くなることから転落の可能性が大変高く、安全であるとは言いがたい。
1人座り1人立ち乗り
乗る人をA・Bとすると、Aが座り乗りをし、Bが立ち乗りをする。BはAと向かい合わせに立つことが多いが、同じ向きに立つことも可能である。Bの足の位置はAと鎖の間に滑り込ませることもあるし、鎖の外側に足を置くこともある。この方法も2人立ち乗りと同様に足場が狭くなることから転落の可能性が高く、振れの角度によっては座っている人が落下する可能性もあり、安全な乗り方ではない。

文化[編集]

ブランコをテーマにした音楽[編集]

韓国[編集]

蕙園伝神帖「端午風情」

韓国ではブランコはクネ(그네)という。旧暦の5月5日に行われる韓国の端午韓国語版では、女性がブランコに乗る(クネティギ、그네뛰기)風習がある[13]

その他[編集]

  • 日本のテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」のオープニングには、非常に長い紐のブランコに乗るシーンがある。目視と計算によると、このブランコの最高速度は時速60 km/hを越えるという(柳田理科雄による説)。
  • ヨーヨーの技の一つに、糸でブランコの骨組みを象りヨーヨー本体でブランコを表現する「ブランコ」という技がある。
  • 飲食店などで、ハンガー椅子などにかけた洋服などから財布などを盗む手口をブランコスリという。

脚注[編集]

  1. ^ 学校に設置している遊具の安全確保について 文部科学省
  2. ^ 笹間良彦 『日本こどものあそび大図鑑』遊子館 p.201 2005年
  3. ^ 笹間良彦 『日本こどものあそび大図鑑』遊子館 p.201-202 2005年
  4. ^ 笹間良彦 『日本こどものあそび大図鑑』遊子館 p.202 2005年
  5. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.79 2006年 かもがわ出版
  6. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.80-84 2006年 かもがわ出版
  7. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.79-89 2006年 かもがわ出版
  8. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.90 2006年 かもがわ出版
  9. ^ a b 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.62 2006年 かもがわ出版
  10. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.63-76 2006年 かもがわ出版
  11. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.77 2006年 かもがわ出版
  12. ^ 松野敬子・山本恵梨『楽しく遊ぶ 安全に遊ぶ 遊具事故防止マニュアル』 p.78 2006年 かもがわ出版
  13. ^ ぶらんこ[朝鮮] 世界大百科事典 平凡社

関連項目[編集]