鼠径ヘルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とは、上部の鼠径靭帯鼠径部の皮下に出るヘルニアのこと。別名脱腸

発病箇所と原因[編集]

男性では、27%と非常に高率で起きる、睾丸は温度が低いと、腹腔内に入り、暑いと陰嚢に下がってくる。睾丸が腹腔内に入いったり出たりする通路に腸が入り込んで起こる。腹腔外に出た腸が捩れて戻れなくなった場合、壊疽を起こして生命に危険となる。

Inguinal hernia ultrasound 0530162900640 8M.gif

女性でも3%に発生するという報告[1]がある。 男性に多い外側のヘルニアの場合、陰囊内で睾丸が異常な状態で下降するとき先天的に発病する。その時、腫瘤ができ、発病が確認される。ひどい場合陰囊に腫瘤ができる。

女性のヘルニアは、大陰唇皮下に発病。

腸管がねじれ嵌頓ヘルニアを併発する可能性があるため危険。

治療[編集]

鼠径ヘルニア手術は、外科手術の中でも非常によく行われるもののひとつである。

などがある。

参考文献[編集]

  1. ^ John T Jenkins, Patrick J O’Dwyer (2008). “Inguinal hernias”. BMJ 336: 269–272. doi:10.1136/bmj.39450.428275.AD. 
  2. ^ http://www.jreast.co.jp/hospital/consultation/syokaki-geka/hernia.htm