肝切除術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

肝切除術(かんせつじょじゅつ、Hepatectomy)は、肝臓を切除する手術のこと。

歴史[編集]

1949年に小倉記念病院の本庄一夫(後に京都大学第一外科学教授)が肝細胞癌の症例に対する肝右葉切除を施行し報告した[1][2]。続いて1952年フランスのLortat Jacobが大腸癌の転移性肝癌に対し施行し報告された[3][4]

種類[編集]

  • 肝右葉切除術(right hepatectomy)
  • 肝左葉切除術(left hepatectomy)
  • 肝亜区域切除術
  • 肝尾状葉切除術

適応[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本庄一夫「肝臓右葉(亜)全切除について」、『手術』第4巻、1950年、 p.p.345-349。
  2. ^ Honjyo, I., Araki, C. (1955). “Total resection of the right lobe of the liver.”. J. Internat. Coll. Surgeons. 23: p.p.23. 
  3. ^ Lortat-Jacob, J.L., Robert, H.G. (1952). “Well defined technique for right hepatectomy.”. Press Med. 50: p.p.549-551. 
  4. ^ 有井滋樹「肝臓外科の軌跡 (PDF) 」 、『肝臓』第48巻第10号、2007年、 p.p.473-483、2010年2月27日閲覧。

関連[編集]