リチャード・ウィルキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・ウィルキンソン(Richard Gerald Wilkinson、1943年 - )は、イギリス経済学者公衆衛生学者。ノッティンガム大学名誉教授、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン名誉教授。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス経済史を学んだのち、ペンシルベニア大学大学院およびノッティンガム大学大学院で学ぶ。2008年までノッティンガム大学で教鞭をとった。

著書[編集]

単著[編集]

  • Poverty and Progress: An Ecological Perspective on Economic Development, Praeger, 1973.
斎藤修安元稔西川俊作訳『経済発展の生態学――貧困と進歩』(筑摩書房、1975年/再版、リブロポート、1985年)
  • Unhealthy Societies: the Afflictions of Inequality, Routledge, 1996.
  • Mind the Gap: Hierarchies, Health, and Human Evolution, Yale University Press, 2001.
竹内久美子訳『寿命を決める社会のオキテ』(新潮社、2004年)
  • The Impact of Inequality: How to Make Sick Societies Healthier, The New Press, 2005.
池本幸生片岡洋子末原睦美訳『格差社会の衝撃――不健康な格差社会を健康にする法』(書籍工房早山、2009年)

共著[編集]

  • The Spirit Level: Why More Equal Societies Almost Always Do Better, with Kate Pickett, Allen Lane, 2009.
酒井泰介訳『平等社会――経済成長に代わる、次の目標』(東洋経済新報社、2010年)

編著[編集]

  • Class and Health: Research and Longitudinal Data, Tavistock Publications, 1986.
  • Social Determinants of Health, co-edited with Michael Marmot, Oxford University Press, 1999, 2nd ed., 2006.
『21世紀の健康づくり10の提言――社会環境と健康問題』(日本医療企画、2002年)
  • Income Inequality and Health, co-edited with Ichiro Kawachi and Bruce P. Kennedy, The New Press, 1999.
  • Major Themes in Health and Social Welfare: Health and Inequality, 4 vols., co-edited with Kate E. Pickett, Routledge, 2009.