ウミスズメ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウミスズメ科
オオハシウミガラス
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : カモメ亜目 Lari
: ウミスズメ科 Alcidae
学名
Alcidae Leach1820
タイプ属
Alca
英名
Auks
亜科

ウミスズメ科(ウミスズメか、Alcidae)はチドリ目に属する科。模式属オオハシウミガラス属

ウミスズメ(海雀)と総称されるが[1] 、「ウミスズメ」はうち1種 Synthliboramphus antiquus の和名でもある。なお、スズメスズメ目であり近縁ではない。

特徴[編集]

分布[編集]

大西洋、北太平洋北極海

ウミスズメ亜科の種は全て海鳥であり、沖合いの海上に生息する。 北半球寒帯亜寒帯を中心として、海洋に分布する。

日本では15種が観察されている。

形態[編集]

現生種は全長15cmほどしかないコウミスズメから全長45cmほどのハシブトウミガラスオオハシウミガラスまで計22種が知られるが、1844年絶滅したオオウミガラスは全長80cm、体重5kgに達する大型種だった。

全身は黒、灰色、褐色などの羽毛で被われる。種類によっては頭部周辺に様々な飾り羽を持つ。基本的に雌雄同色で、外見から性別を判断するのは難しい。

ツノメドリ類のように獲物を加えて離さないように太いを持つ種もいる。

後肢は水掻きが発達し、潜水中には舵の役割を果たす。しかし後肢が胴体の後部に位置する上にあまり発達していないため歩行には適しておらず、蹠行(踵を地につけて歩行)する種もいる。

翼は短く水の抵抗が小さくなるため潜水することに適している反面、飛行にはあまり適していない。この短い翼は同じ海鳥で長い翼を持つアホウドリ類ミズナギドリ類のようなソアリングには向かない。素早く羽ばたかせたり、水面を羽ばたくことで水面に跳ねかえった風力を浮力として利用することで高い飛翔力を得ている。

生態[編集]

海洋に生息する。繁殖期以外は主に海上で生活し、陸上にあがることはほとんどない。

食性は動物食で、魚類軟体動物甲殻類などを食べる。

集団繁殖地(コロニー)を形成する。の形態は崖の上の土に穴を掘るもの、岩の隙間に巣を作るもの、巣を作らず地面で直に産卵・育雛を行うものに分かれる。このうち巣穴を掘るものはヒナが充分に成長するまで巣立ちしないが、岩の隙間や地上で営巣するものはヒナが飛べないうちに巣立ちし、海上でヒナを育てるものもいる。

系統と分類[編集]

系統樹[編集]

Baker et al. (2007)[2]; Pereira & Baker (2010)[3]より。

チドリ目

カモメ亜目



カモメ科 Laridae




トウゾクカモメ科 Stercorariidae


ウミスズメ科

オオハシウミガラス族

ウミガラス属 Uria



ヒメウミスズメ Alle




オオハシウミガラス Alca



オオウミガラス Pinguinus




ウミスズメ族

ウミスズメ属 Synthliboramphus


ウミバト族

ウミバト属 Cepphus


マダラウミスズメ族

マダラウミスズメ属 Brachyramphus




エトロフウミスズメ属

アメリカウミスズメ Ptychoramphus



エトロフウミスズメ属 Aethia



ウトウ族

ウトウ Cerorhinca



ツノメドリ属 Fratercula









カニチドリ科 Dromadidae



ツバメチドリ科 Glareolidae





ミフウズラ科 Turnicidae




シギ亜目 Scolopaci




チドリ亜目 Charadrii



ウミスズメ科はトウゾクカモメ科と姉妹群である[2][4][5][3]。かつては、ウミスズメ科と ((カモメ科, トウゾクカモメ科), カニチドリ科) が姉妹群だとする説が多かった[6]

分類史[編集]

古くはウミスズメ目 Alcae に分類された[7]

Wetmore (1960) により、チドリ目の3亜目の1つとなり、ウミスズメ科のみで単型のウミスズメ亜目 Alcae を構成した[7]

下位分類[編集]

絶滅亜科[編集]

ウミスズメ亜科[編集]

属と種は国際鳥類学会議 (IOC)[8]より。

人間との関係[編集]

人為的に移入された動物による捕食、漁業による混獲、人間の繁殖地への侵入などにより生息数が減少している種もいる。

絶滅危惧種[編集]

IUCN Red List Category EX
オオウミガラス
IUCN Red List Category CR
コバシウミスズメ
IUCN Red List Category VU
セグロウミスズメクラベリーウミスズメカンムリウミスズメ
環境省鳥類レッドリスト 絶滅危惧IA類
ウミガラスウミスズメエトピリカ

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ 柳澤紀夫, “ウミスズメ”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, 小学館, http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%EF%BC%88%E6%B5%B7%E9%B3%A5%EF%BC%89/ 
  2. ^ a b Baker, Allan J.; Pereira, Sérgio L.; Paton, Tara A. (2007), “Phylogenetic relationships and divergence times of Charadriiformes genera: multigene evidence for the Cretaceous origin of at least 14 clades of shorebirds”, Biol Lett. 3 (2): 205–209, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2375939/ 
  3. ^ a b Pereira, Sergio L.; Baker, Allan J. (2010), “The enigmatic monotypic crab plover Dromas ardeola is closely related to pratincoles and coursers (Aves, Charadriiformes, Glareolidae)”, Genetics and Molecular Biology 33 (3): 583-586, http://www.scielo.br/pdf/gmb/v33n3/33.pdf 
  4. ^ Fain, Matthew G; Houde, Peter (2007), “Multilocus perspectives on the monophyly and phylogeny of the order Charadriiformes (Aves)”, BMC Evol Biol. 7 (35), http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1838420/ 
  5. ^ Ödeen, Anders; Håstad, Olle; Alström, Per (2010), “Evolution of ultraviolet vision in shorebirds (Charadriiformes)”, Biol. Lett. 6: 370–374, doi:10.1098/rsbl.2009.0877, http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/suppl/2009/12/15/rsbl.2009.0877.DC1/rsbl20090877supp1.pdf 
  6. ^ Thomas, Gavin H.; Wills, Matthew A.; Székely, Tamás (2004), “A supertree approach to shorebird phylogeny”, BMC Evol Biol. 4 (28), doi:10.1186/1471-2148-4-28, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC515296/ 
  7. ^ a b Sibley, Charles L.; Ahlquist, Jon E. (1972), “ORDER CHARADRIIFORMES”, A comparative study of the egg-white proteins of non-passerine birds, Peabody Museum of Natural History Bulletin 39, New Heaven, CT: Yale University, http://peabody.yale.edu/scipubs/bulletins_postillas/ypmB39_1972.pdf 
  8. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), “Shorebirds and allies”, IOC World Bird Names, version 3.1, http://www.worldbirdnames.org/n-shorebirds.html 

参考文献[編集]