ウミスズメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウミスズメ
Ancient Murrelet.png
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: ウミスズメ科 Alcidae
: ウミスズメ属 Synthliboramphus
: ウミスズメ S. antiquus
学名
Synthliboramphus antiquus
(Gmelin, 1789)
英名
ancient murrelet

ウミスズメ(海雀、学名:Synthliboramphus antiquus)とはチドリ目・ウミスズメ科に分類される海鳥の1種である。

広義にはウミスズメ属、さらに広義にはウミスズメの名を冠する数属の総称。ただし、以下では特に断らない限りS. antiquusについて述べる。

形態[編集]

体長は25cmほどで、首が短く体は丸っこい。雌雄同色で頭は黒、首と腹は白、背中と翼は灰黒色をしている。夏羽では後頭部に白い模様が現れる。英名の"ancient"は「古代の」「年老いた」という形容詞だが、この名は後頭部の模様を老人の白髪に例えたものである。なお冬羽は近縁種のカンムリウミスズメと似ており、両種が混在する日本近海では判別が難しくなる。

分布[編集]

太平洋に分布する。おもに千島列島からアリューシャン列島アラスカ西部などの島嶼部で繁殖するが日本でも天売島北海道留萌支庁苫前郡羽幌町)、三貫島岩手県釜石市)などで少数が繁殖するとみられる。も繁殖地周辺の海上で過ごすが南下するものもおり、北日本各地の海上で冬鳥として見られる。九州南西諸島でも記録がある。

生態[編集]

非繁殖期は10羽ほどの小さな群れで行動する。普段は沖合いの海上に浮かんで生活するが、たまになどに現れる。潜水して魚類甲殻類を捕食する。

繁殖期には海岸の岩の隙間に巣を作る。普通1腹2卵、ときには1卵。第1卵産卵後、2~3日後に第2卵を産むといわれている。ヒナが孵化すると親鳥は1~2日のうちにヒナを巣から海へ連れ出し、以後は巣に戻らず海上でヒナを育てる。この子育てはカンムリウミスズメにも共通する。

捕食行動は魚を追いかけ時には水深40mまで潜水する。この時に定置網や刺し網に引っ掛かり脱出できずに死ぬケースが週に数羽~十数羽になる事もある。 鵜等も同様に潜水し漁網に絡んでいる事もある。参考HP http://geocities.yahoo.co.jp/gl/turifunetaisyo/view/20120118

保全状態評価[編集]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida

広義のウミスズメ[編集]

これらは全てウミスズメ科ウミスズメ亜科に属するがウミスズメ亜科には他にもウミガラスウミバトウトウツノメドリなどが属する(なおSibley分類のウミスズメ亜科は伝統的分類のウミスズメ科にあたる)。

注釈[編集]

関連項目[編集]