ハシブトウミガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシブトウミガラス
Uria lomvia 4.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: ウミスズメ科 Alcidae
: ウミガラス属 Uria
: ハシブトウミガラス U. lomvia
学名
Uria lomvia
(Linnaeus, 1758)
英名
Brünnich's Guillemot

ハシブトウミガラス(嘴太海烏、学名:Uria lomvia) は、チドリ目ウミスズメ科に分類される鳥。ウミガラスによく似た海鳥である。


形態[編集]

体長は45cmほどで、カラスより小さく、ウミガラスよりわずかに大きい。夏羽は背が黒く腹が白い。冬羽ではのどのあたりまで白くなる。

羽色や生態はウミガラスによく似ているが、くちばしの根もとに白い線が入ること、夏羽の喉元に白い羽毛が∧字に切れこむこと、冬羽でも顔がほとんど黒いことなどで区別できる。

分布[編集]

北極海と北太平洋、北大西洋に広く分布し、繁殖地も分布域の各地に点在するが、ウミガラスより北寄りに分布している。日本では繁殖せず、北日本の海上に渡来する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ハシブトウミガラス」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類