エトピリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エトピリカ
Tufted Puffin Alaska (cropped).jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: ウミスズメ科 Alcidae
: ツノメドリ属 Fratercula
: エトピリカ F. cirrhata
学名
Fratercula cirrhata
(Pallas, 1769)
シノニム

Lunda cirrhata

英名
Tufted Puffin
千島列島のエトピリカ

エトピリカ(花魁鳥、アイヌ語:EtupirkaFratercula cirrhata は、チドリ目ウミスズメ科に分類される海鳥の一種。鮮やかな飾り羽とくちばしが特徴の海鳥である。

ツノメドリ属 Fratercula とする他、独立したエトピリカ属 Lundaとする説もあり、この場合の学名は Lunda cirrhata となる。

形態[編集]

体長40cm・体重750gほどで、ハトよりも大きい。エトピリカとはアイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirka)」という意味で、名のとおり橙色の大きなくちばしをもつ[1]。くちばしは縦に平たく、縦に数本の溝がある。足は橙色で、顔と足以外の全身は黒い羽毛におおわれる。冬羽は顔が灰色で飾り羽がなく、くちばしの根もとも黒っぽいが、夏羽では顔が白くなり、目の後ろに黄色の飾り羽が垂れ下がり、くちばしの根もとが黄褐色の独特の風貌となる。頭部が鮮やかに彩られる様から「花魁鳥」(おいらんちょう)という別名もある。外見はツノメドリに似るが、腹まで黒いことと夏羽の飾り羽で区別する。

分布[編集]

北日本からカリフォルニア州までの北太平洋沿岸域に広く分布し、繁殖地も各地に点在する。カナダブリティッシュコロンビア州には2万5千組のつがいが繁殖する大きな繁殖地がある。非繁殖期は沿岸から離れた外洋で過ごす。

生態[編集]

一年の大半を陸地のない外洋で過ごし、4月から8月にかけての繁殖期のみ、天敵の寄り付かない険しい断崖で営巣する。飛ぶときは短い翼をはためかせて海面近くを直線的に飛び、捕食の際は足と翼を使って水深10 m あたりまで巧みに潜水する。

オキアミや小エビなどを主食とするが、雛鳥に対してはイカナゴニシンなどの小のほか、イカを与える。

繁殖は6月頃から始まり、海に面した断崖の上にコロニー(集団繁殖地)を作る。くちばしと足で地面に穴を掘るが、岩の隙間を利用することもある。巣には草や羽毛を敷き、メスは1個だけ産卵する。両親は交代で45日間抱卵し、ヒナが孵化すると餌を運ぶ。孵化から巣立ちまでは40日-55日かかる。

3年で成鳥となる。

日本での現状[編集]

世界的にみると決して少ない鳥ではないが、日本は分布域の西端にあたり、非常に生息数が少ない。繁殖地も北海道東部厚岸町大黒島浜中町霧多布(キリタップ)小島、根室市ユルリ島モユルリ島のみで、1960年頃には計250羽ほどが飛来していた個体数も、現在は30~40羽ほどとなり、そのうちの十数つがいが繁殖するのみとなっている。繁殖地の餌不足や魚網にひっかかる被害により、日本に限っては地域絶滅の危険が大きい[1]。 しかし北方領土の色丹島歯舞群島ではコロニーが観察されている。

保全状況評価[編集]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida

楽曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 河井大輔・川崎康弘・島田明英・諸橋淳 『北海道野鳥図鑑』 亜璃西社2003年5月20日ISBN 978-4-900541-51-1
  2. ^ Lunda cirrhata (環境省絶滅危惧種情報 by 生物多様性情報システム J-IBIS

外部リンク[編集]