エトロフウミスズメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エトロフウミスズメ
Aethia cristatella.jpg
分類
界: 動物界 Animalia
門: 脊索動物門 Chordata
亜門: 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱: 鳥綱 Aves
目: チドリ目Charadriiformes
科: ウミスズメ科 Alcidae
属: エトロフウミスズメ属 Aethia
種: エトロフウミスズメ A. cristatella
学名
Aethia cristatella (Pallas, 1769)
英名
Crested Auklet

エトロフウミスズメ(択捉海雀、学名: Aethia cristatella) は、チドリ目ウミスズメ科に分類される海鳥の一種。

形態[編集]

体長は25cmほどで、首やくちばしが短くずんぐりした体型をしている。額から長い冠羽が突き出ており、目の後ろには細くて白い飾り羽もある。目は瞳が小さく、虹彩が白くて広い。顔以外の全身は灰黒色の羽毛に覆われるが、腹部はやや淡色である。夏羽ではくちばしが朱色になり冠羽が太くなるが、冬羽ではくちばしが褐色で、冠羽も細い。若鳥には冠羽も白い飾り羽もない。

分布[編集]

オホーツク海ベーリング海を中心に北太平洋に分布し、千島列島アリューシャン列島カムチャツカ半島サハリンで繁殖する。

日本では繁殖はしていない。冬鳥として北日本の洋上に渡来するが、年によって渡来数に差がある。

生態[編集]

水面では首を縮めて浮かんでいることが多い。大きな群れを作る習性があり、数千羽以上の群れとなることも多い。夜間、漁船の灯火に群がることもある。

繁殖地では海岸の崖に大規模な集団繁殖地(コロニー)を作るが、このときコロニー周辺ではタンジェリンに似た柑橘系の匂いがする。コロニーにはコウミスズメが混じることもある。

潜水してケンミジンコオキアミ端脚類、小魚などのプランクトンを捕食する。天敵セグロカモメなどのカモメ類だが、潜水中に捕食されたかオヒョウの中から出てきた記録もある、また、繁殖地ではホッキョクギツネワタリガラスなども敵となる。

記載[編集]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

関連項目[編集]