マルクスブルク城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルクスブルク城

マルクスブルク城(Marksburg)は、ドイツラインラント=プファルツ州ブラウバッハに建つ城。ライン地方の城の中で戦乱による破壊を免れ、中世の面影を残す唯一の遺構である。城の名前は福音記者聖マルコに因む。

歴史[編集]

マルクスブルク城

12世紀頃、街の防および税関施設として建設された。13世紀初頭エプスタイン家が所有。15世紀に外壁が増築され、17世紀30年戦争ではライン川河畔の城として唯一陥落を免れた(したがって保存状態は極めて良い)。1866年にはプロイセン王国の所有となり、1899年ヴィルヘルム2世によって現所有者の先祖に与えられ、現在に至る。

現状[編集]

参考資料[編集]

J・E・カウフマン、H・W・カウフマン共著、ロバート・M・ジャーガ絵、中島智訳「中世ヨーロッパの城塞 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞、および城壁都市」マール社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]