漏斗 (頭足類)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

漏斗ろうとhyponome)は、イカタコなどの頭足類において、移動のために用いられる器官筋肉のじょうご、あるいは水を出すのようなものである。漏斗は拡張し、それから縮み、水を噴射させる。このジェット水流によって、頭足類は、任意の後方に進むことができる。

タコやイカのような他の頭足類では、漏斗はほぼ筒状であり、筋肉の管と言える。ところが、オウムガイ類では、筋肉が折りたたまれたような形をしている。これはアンモナイトでも同様である。