卍固め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルベット・スカイによる卍固め
ザ・グレート・サスケによる卍固め

卍固め(まんじがため)はプロレス技ストレッチ技)の一種である。別名は、オクトパス・ホールド(Octopus hold)、アントニオ・スペシャル(Antonio Special)、グレイプヴァイン・ストレッチ (Grapevine stretch)。

概要[編集]

技のかけ方は、対戦相手を前かがみにした状態で、その相手の横に立つ。技をかけるレスラーの足のうち、対戦相手に対し腰側にある片足を、相手の手前側にある足に絡め、残りの足(相手の頭側にある足)を対戦相手の頭部に引っ掛けた状態で、相手の片腕(自分に対し外側になる腕)を相手の背中側に直角に曲げ、自らの片腋に抱え込む。肩・脇腹に最もダメージを加えることができ、腰や首筋などにも痛みを与えることができる。

欧州マットでは古くから存在していた技とされているが、日本での公開はアントニオ猪木によって1968年12月13日に用いられたのが最初であるとされている。当時の報道ではコブラツイストが一般的な技と化してしまったためにより威力のある卍固めを開発したともされている。「オクトパス・ホールド」の名称は猪木がこの技をかけた状態がまるでタコが何かに絡まるような様子に見えたことから、レフェリーの沖識名が名づけた[1]。後にこの技が猪木の代名詞となるにつれて技名の一般公募が日本プロレスの中継局であった日本テレビ日本プロレス中継』を通じて行われ[2]、技を掛けている様子が漢字の「」に似ていたことから卍固めが新たな技名となった。

主要な使用者[編集]

派生技[編集]

空中式卍固め
マットに足を着けずに体重を掛けて用いる。鈴木みのるはコーナーポスト上で出したこともある。
ストレッチオーバーアームバー
1977年頃、異種格闘技戦用の秘密技という名目で猪木が新たに開発した卍固め。しかし、定着せずに使用回数が減った。相手の横側に同じ方向を向いて立ち、相手を前かがみにさせる。相手の自分側の腕を、相手より外側にある自分の片足の腿の上に乗せ、さらにその相手の肩に、相手寄りの片足を掛ける。その状態のまま、相手の外側にある片腕を両腕捕まえ、背面側に折り曲げて締め上げる。当初の呼び名は新・卍固め
漫画キン肉マンでは、ネプチューンマン喧嘩クオーラルスペシャルとして使用している。
若松市政SWS時代にKYスペシャルとして使用していた。
グラウンド式卍固め
両者がマットに寝ている状態で繰り出す卍固め。河津落としからの連携で使用される場合も多い。オクタゴンなどが得意とするなど、メキシコマットでも使用される。日本ではジュニアヘビー級選手での使用者が多い(エル・サムライKENTAなど)。
腕極め式卍固め
柴田勝頼が考案し、KENTAに寄贈した技。見た目は通常の卍固めとほぼ同じであるが、通常式は相手の片腕を腋に抱え込むだけであるのに対し、この技は抱え込んでいる腕の肘関節の逆関節を取り、極めている。
クリスト
ドラゴン・キッドの技。デジャ・ヴ(コルバタ)の途中で回転を止めて腕の関節を取り、中腰になった相手の頭を首4の字固めで締め上げる関節技。相手を十字に架けられたキリストに見立てて命名。K-ness.はこれの切り返し技を開発しキリストを裏切ったイスカリオテのユダから「ユダ」と命名、キッドがユダを切り返してクリストに移行すると「クリスト・アゲイン」となる。
フロム・ジャングル
吉野正人のオリジナル技。コルバタの回転の途中で空中卍固めに移行する技。
山本尚史FCWにて介錯の技名でフィニッシャーとして使用していた。
マンコブ
スペル・シーサーの得意技。2人の相手に半身ずつを使用してコブラツイストと卍固めを同時に極める難易度の高い技。
X固め
大木金太郎考案の変形卍固め。
卍コブラ
宮本裕向考案の、コブラツイストに空いている右足で胴締めを加え、卍固めとコブラツイストを融合させた技[3]
三脚巴
石川晋也考案の、卍固めの体勢から両腕で相手の左腕をつかみ、後方へ反って締め上げる変形技。

脚注[編集]

  1. ^ 2010年5月21日放送「金曜プレステージ・みんなの教科SHOW」(フジテレビ)において徳光和夫が証言した。
  2. ^ 週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 Vol.2 P20(2014年、ベースボール・マガジン社
  3. ^ 「選手本人が語る21世紀の技解説 vol.114 卍コブラ」、週刊プロレスNo.1730、平成26年3月26日号(3月12日発行)、45頁、2014年。

関連項目[編集]