コウモリダコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウモリダコ
Vampire des abysses.jpg
Vampyroteuthis infernalis
記載者であるドイツ人生物学者カール・クーン
Carl Chun〉による生態再現図[1]
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
上目 : ?八腕形上目 Octopodiformes
: コウモリダコ目 Vampyromorphida
: コウモリダコ科 Vampyroteuthidae
: コウモリダコ属
Vampyroteuthis Chun, 1903
: コウモリダコ
V. infernalis Chun, 1903
学名
Vampyroteuthis infernalis
Chun, 1903
シノニム

本文参照

和名
コウモリダコ
英名
Vampire Squid
生体の写真

コウモリダコ(蝙蝠蛸、蝙蝠鮹、Vampyroteuthis)は、コウモリダコ目en)- コウモリダコ科en)に属する、上位分類の定めがたい頭足類。 現生するのは V. infernalis (ヴァンピロテウティス・インフェルナリス)の1のみである。

熱帯・温帯地域の約600から900mにかけての深海に生息する[2]。 体長は約30cm。 (ひれ)の付け根には青白い光を発する発光器を4つ具えている。

呼称[編集]

学名は「ヴァンパイアのイカ」を意味する属名 Vampyroteuthis と、「地獄の」を意味する形容詞(種小名) infernalis からなる。

生態[編集]

コウモリダコは酸素の少ない海域に適した不活発な動物である。研究によると「吸血イカ」の別名に反して、生きた獲物を積極的に追うことはない。敵に遭遇すると、前述のように足の膜を裏返しトゲで体を包みこむ。このトゲは牙のようにも見えるが、実際には肉質の触毛である[3]

主食はマリンスノー(プランクトンの遺骸などの海中の降下物)であり、触手が変化した2本の長い触糸で、周囲のマリンスノーを集める。触糸の先端に吸盤があり、そこから粘液を分泌する。マリンスノーは粘液でボール状に丸められた後、足の裏側にあるトゲを通じて、足の付け根の口へと運ばれる[3]

胃の内容物から魚の鱗やイカの一部が見つかっているが、生きた獲物を捕食したものかは分かっていない[3]

系統分類[編集]

コウモリダコは実際にはイカでもタコでもなく、それらが種として分化する以前に存在した祖形を継承している現生種であると考えられている。 分類上も、八腕形上目、十腕形上目、そして、独立のコウモリダコ上目と、本種が属すべき分類区分を巡っては諸説あって定まらない。

近縁のものは中生代ジュラ紀に多く、当時は多様性を持って繁栄していた。

シノニム[編集]

  • Cirroteuthis macrope Berry, 1911
  • Vampyroteuthis macrope (Berry, 1911)
  • Melanoteuthis lucens Joubin, 1912
  • Watasella nigra Sasaki, 1920
  • Danateuthis schmidti Joubin, 1929
  • Hansenoteuthis lucens Joubin, 1929
  • Melanoteuthis schmidti Joubin, 1929
  • Melanoteuthis beebei Robson, 1929
  • Retroteuthis pacifica Joubin, 1929
  • Melanoteuthis anderseni Joubin, 1931

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1911年筆の原画(コモンズに画像あり)をリファインしたもの。
  2. ^ この水深は酸素極小層に属し、溶存酸素量が極端に少ない。
  3. ^ a b c “吸血鬼イカ”の穏やかなスローライフ”. ナショナルジオグラフィック (2012年10月1日). 2012年10月1日閲覧。