マリンスノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリンスノー: Marine snow)は、肉眼で観察可能な海中懸濁物のことである。海中の様子を撮影した映像写真等でのように見える白い粒子がマリンスノーである。マリンスノーは海中を沈んでいき、やがて海底に降り注ぎ堆積する。地上に降る雪とは異なり、マリンスノーは様々な形、大きさをしたものが同時に存在する。球状、彗星状、糸状、平板状など様々な形をしたものがあって、大きいものは10cmを超すものもある。これらのマリンスノーは世界中の海洋で見ることができる。

命名[編集]

1950年代北海道大学の研究者達は潜水球くろしお号」に乗り込み、海中の調査を行っていた。その際、海中の懸濁物がライトに照らされ、雪のように白く見えたことから、彼らはマリンスノー(海に降る雪)と名付けた。現在では世界中でこの言葉が使われている。

正体[編集]

マリンスノーの正体はプランクトンの排出物、死骸、またはそれらが分解されたもの、もしくは物理的に作られた粒子である。言い換えると肉眼的大きさで水中を漂うデトリタスである。

よってプランクトンなどが少なく透明度の高い熱帯の海中よりもプランクトンが多くなどがたくさん棲息する温帯寒帯の海中の方が多く見ることができる。また、駿河湾相模湾など、沿岸部で急激に深くなっている海域では、都市から流れてくる有機物によってプランクトンが多く発生し、そのため沢山のマリンスノーを見ることができる。

役割[編集]

マリンスノーは1日に数十mから数百mの速さで沈んでいき、やがて深海に生息する生物となる。深海は太陽も届かないため、浅い海に比べて生息する生物の数が極端に少なくなるので、深海に生息する生物にとっては貴重な栄養源となる。

また、マリンスノーの主な成分炭素である。海洋全体を浮遊しているということを考えると、それらは膨大な量の炭素を保有していると考えられるので、地球における炭素循環において無視できない。

関連項目[編集]