踊り食い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白魚の踊り食い

踊り食い(おどりぐい)は、魚介類を活きたまま食べること。そのまま食べるほか、大きさなどの問題があるものは、刺身のようにわずかな調理を施す場合もある。一般にいう魚の活き造り(活け造り)も、料理店によって踊り食いと称することがある。活きたまま食べる場合であっても、ウニホヤカキなど食材に動きがないものは踊り食いとはいわない。

踊り食いの例[編集]

以下のようなものがよく知られている。

活きたイカをイカそうめんのように刺身にして食べる。
とくに脚をぶつ切りやスライスして食べる。口の中で吸盤が貼り付くことがある。
一口サイズの小さい貝をそのまま食べる。網焼きなどをした際に貝が身をよじらせる様を踊りととらえ、そのように活きたまま焼くことを踊り食いと称することもある(下記のエビも同様)。踊り焼き・残酷焼きなどともいう。
甘エビなどの小さなエビを、活きたまま尾の殻をむいて食べる。イセエビなどの大きなものでも行う。
捕らえたままの姿で食べる。または脚のみを切って食べる。
捕らえたままの姿で食べる。

踊り食いの問題点[編集]

上記のもののうち、とくにホタルイカやシロウオなどは丸ごと食べるため、衛生当局により寄生虫感染の注意が呼びかけられている。ドジョウは顎口虫症を罹患する危険がある。しかしながら、刺身をはじめとした生食一般に注意が必要なのは他の食材においても同様である。

また、オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニーなど)では、活き造りや中華料理のエビの踊り喰いなどは「動物に対する残虐な行為」として罰せられる対象となるためできない。なおこの罰則を元オーストラリア在住の漫画原作者である雁屋哲は、自身のコラムで批判している。

ユダヤ教やイスラム教では、生きたままの動物を食べることは禁じられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 創世記9章4節。bible.cc

関連項目[編集]

外部リンク[編集]