ノバリケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノバリケン
Duck wings outstretched.jpg
ノバリケン
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: Cairina
: ノバリケン C. moschata
学名
Cairina moschata
(Linnaeus, 1758)
和名
ノバリケン
英名
Muscovy Duck
日本に生息するバリケン
茨城県つくば市洞峰公園

ノバリケン(野バリケン) (Cairina moschata)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。

ノバリケンを家禽化したものがバリケンである。

分布[編集]

中央アメリカ南アメリカ

形態[編集]

体重3~4kg、全長は70~80cmくらいになる。野生種では全身が緑がかった黒で、顔面に褐色の裸出部がある。翼角に爪のような突起があり、樹上生活への適応と見られる。飼養品種では顔面の裸出が鮮やかな赤で、瘤状のトサカを生じる個体もある。羽色は黒、白、濃い緑、あるいはその混合型など様々。

生態[編集]

海岸や内陸の水辺に一夫多妻型の群れで生活する。カモ類では数少ない樹上生活者で、巣は樹洞やヤシの樹の葉陰に作る。雑食性。

バリケン[編集]

南米産のノバリケンを家禽化したものをバリケンという。「フランス鴨」、「タイワンアヒル」、「麝香アヒル」とも呼ばれている。

食用家禽として日本に持ち込まれたが、あまり普及していない。飛行能力が残っており日本各地で逃げ出したものが散見される。羽の色は白一色から、黒が混じったまだら模様、ほとんど黒に白が混ざる程度のまで多様。眼からくちばしにかけた顔の部分に真っ赤な皮膚が見える。

またバリケンとアヒルの混血の鳥を土蕃(ドバン、中国語でトゥファン)という。ドバンは一代雑種なので子孫をつくる事はない。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
カモ下目 Anserides
カモ亜科 Anatinae
ガン族 Anserini

Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類

保全状態評価[編集]

参照・注釈[編集]

  1. ^ # Cairina (Species Factsheet by BirdLife International)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ノバリケン」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類