アスピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスピック

アスピック (aspic) はフランス料理の一種で、を煮たブイヨンゼリーにしたもの。日本料理でいう煮凝り中国料理では肴肉にあたる調理方法。

解説[編集]

アスピックにはフランス語コブラという意味があり、スープの色や固まりかけたその形状がコブラを連想させる所からこの名が付いた。

アスピックは、肉の表面に塗ってから味とつやを出すため、あるいは魚や肉、野菜など何種類か一緒に固めて前菜サラダにも使うことがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]