シェヒーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェヒーターשְׁחִיטָה šəḥīṭā, šəchīt‘āh)は食用となる生き物の屠殺方法。フッリーンにおいて論じられている。

ドイツ語では Schächten という。 カシュルートやシェヒーターの基本となっている目的の一つは、人間的、あるいは神から賜った方法によってのみ、食用の類を獲得することができる、食べるためにむやみに生き物を殺さない、血を避ける(流血を厭う思想へもつながる)、といったことにある。トーラーはカシュルートに触れるとき、決まって「なる」という表現を用いている。

血は創造物の生命の象徴であるので、地と、神へ帰す。

ネベーラーテレーファー(外傷によって死んだ生き物)でない生き物を、敬虔で、また知識のあるユダヤ教徒(ショーヘート)が、可能な限り痛みを与えず、また一回で命を頂く。瞬時に意識を失うために、首の部分にナイフが当てられる。 このためとして、ナイフは研磨された刃でなければならない。

Schect.jpg
1726年
1748年

ショーヘート[編集]

シェヒーターを行うのは、ラビによって任命された者でショーヘートשׁוֹחֵט šôchēt‘, shoychet)という。

シェフテル(シェヒター) Schechter、シェクター Schekter といった姓はショーヘートであることを示している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]