不浄な生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

不浄な生き物とは、一部の宗教にみられる概念。不浄な動物生贄にささげたり、食用としたりすることができない。

ユダヤ教[編集]

以下、『レビ記』に記載のある不浄な生物を示す。

反芻するが、蹄の分かれていない動物(11章4-7節)[編集]

  • ラクダ
  • ウサギ(欽定訳、Coney)もしくはイワダヌキ(Rock Badger)

蹄が分かれているが、反芻しない動物(11章8節)[編集]

水中に棲む、ヒレと鱗を持たない生物(11章10-12節)[編集]

明確な記載無し

付加的に不浄と考えられる生物

翼のある汚れた生物(11章13-19節)[編集]

  • ワシもしくはハゲワシ
  • ヒゲワシもしくはミサゴ
  • ミサゴもしくはクロハゲワシ
  • ハゲワシもしくはトビ
  • トビもしくはハヤブサ
  • ワタリガラス
  • フクロウもしくはダチョウ
  • ヨタカ(七十人訳、Night Hawk)もしくはメンフクロウ
  • カッコウ(欽定訳)もしくはカモメ
  • タカ
  • 小さいフクロウ(en:Little Owl)
  • 大鴉(Great Owl)もしくはトラフズク
  • ハクチョウ(ウルガタ訳、七十人訳では「紫色の鳥」)
  • ペリカン
  • エジプトハゲワシもしくはミサゴ
  • コウノトリ
  • サギ
  • タゲリ(欽定訳)もしくはヤツガシラ
  • コウモリ

付加的に不浄と考えられる生物

  • カラス

翼のある四つ這いで歩行する生物(11章20-23節)[編集]

※イナゴなど幾つかの例外を除く

明確な記載無し

足にかぎづめのある生物(11章27節)[編集]

明確な記載無し

付加的に不浄と考えられる生物

  • クマ、ネコ、チーター、ディンゴ[要出典]、キツネ、ライオン、オオヤマネコ、トラ、オオカミ(肉食獣)

地を這う生物(11章29-30節)[編集]

  • イタチ、モグラもしくはモグラネズミ(en:Mole-rat)
  • ネズミもしくはトビネズミ
  • リクガメ(欽定訳)もしくはトカゲ
  • ヤモリ
  • オオトカゲ[要出典]
  • スキンクもしくはイモリ(ウルガタ訳)
  • カタツムリ(欽定訳)もしくはスナトカゲ
  • カメレオン[要出典]

付加的に不浄と考えられる生物

キリスト教[編集]

キリスト教の場合、宗派や教派によって不浄の概念が異なる。顕著なのはカニやイカなどで、禁じる教派もあるが正教会では魚の代わりとして認めているなど。

英国聖公会では犬と馬は食べてはならないとしている。

イスラム教[編集]

  • クルアーンの2章173節には、死肉、血、肉、アッラー以外に供えられたものを食することが禁じられている。
  • ハディースでは、の唾液は不浄とされ体についたら七回洗うように指示されている。

関連項目[編集]